遺跡の夜空に見たものは

地図にはpuquiosとありました。
人口500人以下の町、もしくは村、集落のマークがついていました。
アルゼンチンから、チリへ抜けるサンフランシスコ峠をこえて、最初の町、もしくは村、だと思っていたpuquiosですが、実はここ、到着して初めてわかったのですが、いまはもうだれも住んでいない遺跡でした。

標高は4300mの峠から一気に降ってすでに1000m程度までは下がっているはずなのに、チリ側は全くの砂漠で、木も全くありません。確実に街だと分かっているコピアポまで、峠から150km、ほぼすべて下りなのですが、吹き付ける向かい風は偏西風で強く、コピアポまであと60kmを残すこのpuquiosのところで、決断に迫られました。

このだれも住んでいない、何もない遺跡で、一晩を明かすか、もしかしたら、この近くにあるかもしれない同じpuquiosと言う名の町だか村を探して、先に進むか。この場合、強い西風を防ぐ場所がなければ最悪徹夜覚悟で、コピアポまで走ることになりかねません。ただ、幸いなのはその日は満月か、満月から1日だけずれているはずなので、ほぼ夜中月明かりは得られるはずであろうということは予想できました。

遺跡にはとりあえず壁はあるので、風を防いで、テントを立てることは出来そうでした。
でも、ビールはない、シャワーも浴びれない、まともなご飯にもありつけません。もう既にアルゼンチン最後の町、フィアンバラをでて、5日目だったので、もし、テントだとしてもどこか、人里にたどり着いて、ビールの一本でも飲みたいという気持ちはとても強かったのですが。。。。

まあ、いいか、明日になれば確実にコピアポにつけるし、楽しみはあとに取っておこう。
と思って、疲れてたのもあって、その日はそのpuquiosの遺跡で、テントを張ることにしました。

その夜のことです。

夜中、どうしてもトイレに行きたくなって、テントを出た私は自分の目を疑いました。
出ているはずの満月は。。。三日月?
ええ??
絶対今日は満月なはずなのに。。。。

知ってました?実はこの日、多分、12月21日未明、日本なら、22日の夕方くらいでしょうか。
皆既月食が見えたって。

私が見たのは月食がすすんで、三日月くらいになっている時でした。
日食は派手で、結構みんな意識してて、今度いつ、どこで日食が見られるなどと、話題にもよくのぼりますが、地味な月食についてはいつあるのか分からないので、ちょっと不意をつかれてしまいました。

日食と違って、月食はその時、夜であれば世界中どこででも見られる現象です。日食は新月の時しか起きない現象ですが、月食は満月の時にしか起きません。

日食は地球上で、月の陰の落ちた部分でしか、見ることができませんが、月食は地球の陰の中に月が入るので、世界中どこからでも、月が見えていれば月食を観察することができます。

私が見たのは月がもうすぐ山の陰に沈むころ、完全に月が地球の陰に入ったころだったので、ほぼ真裏に位置する日本あたりでは月が出たころ、すでに月が真暗になっていたか、もしかすると、月がだんだん地球の影から顔を出し始めたころだったかもしれません。

日食も珍しい現象ですが、皆既月食は月が暗く赤く見えるやっぱりちょっと珍しい現象です。
月食の時、月が真っ暗にならずに赤く見えるのは太陽光の回折や大気による屈折などによって、地球を回り込んだ光が月に届くからだそうです。

三日月がだんだん細くなって、月の残りの部分がだんだん赤く見え始めてきた時、この事実に思い当たりました。初めはどんな天変地異かと思いました。


こんな現象が見られたのも遺跡でテントを張ったおかげでした。

サンフランシスコ峠は上りに2日半。下りに3日半もかかる峠でした。
アルゼンチン側は全部舗装路で、途中6個所に避難小屋があって、風、日差し、寒さをしのぐことができるようになっていて、中はテントを張れるくらいのスペースもあって、煖炉もありました。薪はあったり無かったりですが。

結局この避難小屋で夜を明かすことはなかったのですが、休憩はよくここを利用していました。

2泊目は4760mのサンフランシスコ峠の手前20kmにあるアルゼンチン側イミグレで泊まりました。明けて3日目。この日から大変だったのですが。

20kmを3時間くらいかけて上って、サンフランシスコ峠到着。ここまでは予定通りでした。
でもここから、110km先のチリ側のイミグレまで、自分の持っている資料では何もありません。風は強く、夜は寒く、風を防ぐものがなければテントを立てるのもままなりません。
峠を越えたのだから、もう楽になるのかと思ったら、道はダート道になり、とんでもなく走りにくくなりました。
とても100kmも走れません。

でも、10kmほど行くと目の醒めるような鮮やかな碧い、ちょっと緑がかった、深い青の湖がありました。
ラグーナベルデです。ボリビアで見たものより全然きれいな色をしていました。そして、景色を楽しむ余裕も今回の私にはありました。

そして、幸いなことに、そのラグーナベルデの辺に登山管理事務所のプレハブとキャンプ場がありました。
風を防げるようにサイトの風上側に石が積み上げられています。そして、なんと、温泉もありました。


この温泉で、今日はここにテントを張ろうと決めました。
湯殿は3つありました。1つはぬるくて入れないくらいで、もう一つは10分も入ればのぼせそうなちょっと熱いお湯。最後の一つはちょうど良くて、長湯のできるようなちょっとぬる目のお湯で、昼過ぎに到着した私はこのぬる目のお湯につかりながら、目の醒めるような鮮やかな湖を長いこと眺めていました。
そしたら、背中が焼けてしまいました。

これは夜もいけるだろうと思って、夜になるのを待って、ここぞとばかりに一番熱いお湯に飛び込んだのですが、これが全然あったかくありません。ひと肌くらい。全然あったまりません。
多分、源泉の湯量が少ないせいだと思うのですが、夜はお湯の供給量が外気に冷やされる熱量に負けているのかもしれません。
きれいな湖を前に標高4500の露天風呂。これほどいい温泉はないんですけど。残念でした。

翌日もダート道。朝から向かい風マックスでなんだか一番つらい1日になってしまいました。
チリ側は石と砂と風しかない世界でした。生きるものも全くいない、植物すらありませんでした。
でも、ものすごくきれいな山の連続でした。
しろ、黒、茶色、赤、黄、緑、オレンジなどなど、青意外の色ならなんでもありです。まるで筆で書いたようなカラフルな山、色の多さにびっくりしました。青は湖と空にありました。

あの、ボリビアのラグーナベルデの時ほど、辛くなかったので、ちょっと心に余裕がありました。景色を楽しむだけの余裕がありました。
でも、風にはやっぱりちょっと恐怖心がありました。

この峠を越える前、実は一度、砂嵐に遭って、バスで逃げ出したことがあります。
このサンフランシスコ峠の前に越えた、パソシコ(paso sico)も風は強かったのですが、どうにか恐怖を感じずに越えてくることができたので、結構行けるんじゃないかと思い出していた矢先だったのですが。

パソシコを越えて、サンフランシスコ峠のふもと、フィアンバラまで、消化試合的な感覚の簡単な移動になると思っていたところで、とんでもない強風に吹かれてしまいました。
風だけでなく、砂が舞って、砂や小石が体や顔に容赦なく吹き付けてきて、視界が効かなくなってきた時、言いようもない恐怖に襲われて、ああ、これはダメだと思って、引き返しました。
引き返すと追い風になるので、進むのは楽になり、2kmほど行ったところに小屋があることは知っていたので、その小屋の陰に隠れて、風をしのいでいました。

小屋は厳重にカギがかかっていたので、入ることはできませんでした。でも四角い小屋の陰では斜めから風が吹いてくると逃げ場がなくなります。そこで一晩明かせば翌日の朝は風が収まっているかもしれません。
特にこの辺は午後に風が強くなる傾向にあるので、その可能性は十分にありました。
でも、小屋の陰に逃げ込んだのはまだ午後2時半くらいでした。夜まで、まだまだ時間もあるし、今はこの小屋の陰で、風がしのげているけど、いつ風向きが変わるか分かりません。

小屋の中はなんて言うこともない、キリスト像があって簡単な教会みたいにお祈りができるようなベンチが2つ、そして、花とか、お酒の瓶とか、お供物があるだけでした。

そんな小屋なら避難小屋みたいに入れるようにしておけばいいのに。

どうしようもなくなったらこの小屋にどうにか入ろうとして、いろいろ思案してみると、鉄格子を一本抜けばどうにかなりそうでした。そして、そうなった時にすぐに入れるように格子に細工をしている時に通り掛かったバスに飛び乗って、次の町まで逃げてしまいました。

その時の砂嵐から、サンフランシスコ峠を越える時は風が吹き出すたびに、またあんな砂嵐にならないだろうか、と恐怖が頭から離れません。

風恐怖症?そんなのあるんでしょうか。でもどうも最近風に苦手意識ができてしまいました。
これから風の大地、パタゴニアに向かうというのに。今から大丈夫か心配です。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2010-12-28 03:40 | チリ・アルゼンチン
<< goutou ni aimas... 必見!!カファジャテ宿情報 >>