違うんだよ!!

強盗に遭い、病院に行って警察に行って、ようやくホステルに2,3泊して少し落ち着いた頃でした。
オーストラリアに住んでいるという白人のおじさんがにこやかにこんな話をしてきました。

「私も何度かスリやケッチャップ強盗にあったけど、それはお金を取りやすいポケットに入れておいたのがいけなかったんだよ。我々外人はそれだけで彼ら(強盗を示すものだと解釈したのですが)のまえににんじんをぶら下げれているようなものなんだ。大事なものはしっかり肌身離さず持ち歩いて隙を作らないようにしなければ。そうでなければ盗まれてもそれはあなたの落ち度(your fault)なんだよ」









違うんだよ!!



こういうこと、わけしり顔で、分別くさく、説教じみて、まるで出来の悪い生徒に「地球は丸いんだよ、当然だろ!?」みたいにとくとくと言って聞かせる奴なんて糞喰らえなんだよ!!
全然違うよ!!大間違いなんだよ!!




どんなことがあったってさぁ、盗む方が悪いんだよ。100パーセント!!
だます方が悪いし、殺す方が悪いんだって!!

もし、深夜に泥酔して道端で寝込んじゃって財布をすられたって、すられた方は、ま、あんまり利口とはいえないけど、悪くないんだって、悪いのは絶対100パーセントすったほうなんだよ。

隙とか、落ち度とかの問題じゃないんだって、人のものは盗んじゃいけないんだって!!当然だろ!?
それともお前んとこじゃ隙があったら人のものは盗ってもいいのか!?

って、言ってやりたかったんですけどね。
そんなこと苦労してどこの馬とも知れない同じホステルで顔を合わせたというだけのおじさんと英語で議論したって疲れるだけで、何の得にもならないし、おじさんに悪意もなければ私を責めてる風でもなくて、蒸し返すのも面倒なのでやめておきました。

でも、こういうこと、良く言われますよね。
自分の身は自分で守らなければならないとか、油断や隙があるから狙われるんだとか。

長いこと旅行してると、スリや盗難や、強盗にあった人に実際に会うこともあるし、そんな話を聞いたりブログやミクシーの日記で目にしたりします。

 で、そういう人を前にして、こんな所に財布を入れたから悪かったんだとか、バスターミナルでちょっと荷物から目を離したからいけなかったんだ。みたいな被害者の落ち度を指摘する人がいたり、被害者本人も「僕が悪かったんです」とか、「私がいけなかったんです」とか、「勉強になりました」みたいに反省しちゃったりしてるけど。

 それも確かに一理ある、というか、なるべく被害に遭わないために出来ること、旅人の処世術ではあると思うんですが。

なんか、その前に大事なこと忘れてません?

東から昇って西に沈む太陽を見ているうちに地球が動いていることを忘れて本当に太陽が動いてると信じ込むように、この処世術を重んじるばかりに”盗ろうとする方が悪い”という常識から、いつの間にか”処世術を怠った方が悪い”という間違った(少なくとも私は間違ってると思いますが)常識の方が幅を利かせてきてるように感じます。前述のおじさんのように疑いもなく信じてはばからない人もいるし。コペルニクスも嘆いちゃいますよ。
特に長期旅行者の中に、旅に長けたものの間にこっちが常識として広がってるように感じます。

 過去にイラクやアフガニスタンに旅行者が行って殺されたという事件がありました。日本では「そんな危ないところに行くから」と非難されていたようですが、悪いのは旅行者じゃないんです。確かに軽率だったかもしれません、でも悪いことなんて何にもしてないんですよ、絶対に悪いのは殺した方なんですよね。どう考えても。

つまり、こんな考え方が常識みたいになってること自体が犯罪を助長してるんじゃないかって思うんです。
隙を作った方が悪い。油断した方が悪い。
そんな常識、糞喰らえなんです!!こんな考え方じゃ、犯罪者に寛容になってしまうじゃないですか。
盗った方が悪いし、傷つけた方が悪いし、殺した方が悪いんですよ。絶対に。100パーセント!!

そして大人になってもそんなことすら分からないで人のものを盗ろうとするような奴なんてこの世にいりません。

今回、悪意を向けられ、暴力を振るわれ、踏みにじられる者の無念さとか、悔しさとかを噛みしめることになりました。死刑って有って然るべきだなって思いました。ま、今回は捕まっても絶対に死刑になんてならないですけど。
 
 もし私が車に乗って強盗事件の目撃者になったら犯人をひき殺してでも捕まえてやるって心に誓いました。こんな悪意は許しちゃいけないんです。
私は、旅行をするうちにいつの間にか悪意には抵抗して、刃向かうんだって気持ちになってました。
お釣りを返そうとしない悪意、外人料金を設定して高くとろうとする悪意、国境で何もして無いくせにやたら人を待たせようとしたり、ワイロを払わせようとする悪意。消極的だけどとんでもなく客が並んでるのに新しくレジを開けようとしない悪意・・・というか怠慢。各種窓口の不誠実で不案内な対応とか、悪意を感じるものにはどうしてもニコニコ笑ってこういうこともあるよ。なんていい子にはなりきれませんでした。
 どちらかといえば悪意に曝されたら絶対に抵抗して、刃向かって、相手に不快であることを伝えてきたつもりです。

 でも、今回私に向けられた悪意は強烈で衝撃的でした。

だから、やめようよ、悪意を許すような常識。
隙を作ったから悪いんじゃない。油断してたから悪いんじゃない。違うんだよ!!
盗るほうが悪いんだよ!傷つける方が悪いんだよ!!殺す方が悪いんだよ!!当然だろ!?

 
 
[PR]
by fuji_akiyuki | 2011-01-12 13:37 | チリ・アルゼンチン
<< アルゼンチン医療事情 事件概要 >>