美味しい酢豚の作り方

今回はケチャップを使う酢豚のレシピを紹介します。
用意するもの。



豚肉 100g

たまねぎ 半玉
ピーマン 半分
にんじん 100g
キャベツ 一枚
ねぎ    ちょっと。お好みに応じて
なす   すきなだけ


にんにく  3かけ

調味料

ケチャップ ちょっと多め
酢      少々
酒      少々
砂糖     ちょっと多め
塩       ほんのちょっと
醤油     ほんのちょっと
味の素    ちょっと多め

油、バター、片栗粉


作り方

まず、上に上げたにんにく以外の野菜を1センチ角くらいに切ります。
にんにくはみじん切りにして、全てを一枚のお皿に放り込んでおきます。

次に豚肉を1センチ角くらいに切って、片栗粉にまぶして置きます。

さあ、これで下準備は完了です。

火をおこしてまず、フライパンを熱し、油を良く馴染ませます。
バターを少々たらして、バターが十分に溶けるのを待ちます。
フライパンがよく温まったら一枚のお皿にまとめた野菜をエイヤッと勢いよく全て、フライパンに放り込みます。

 全部の野菜をジャッジャッと炒めて、なんとなく火が通ってるかもしれないくらいになったらお酒を100cc程入れてみます。足り無そうなら適当に足します。

お酒がグツグツした時点で野菜が焦げる心配は少なくなるので、ここから調味料を投入します。

順序は気にせず、砂糖を多めに、酢と醤油と塩は多すぎると味が大幅に変わってしまうので、少しずつ味を見ながらいれていきます。

味の素とケチャップは絶対欠かせませんが、料はお好みで
参考までにケチャップは少々多め、味の素はペットボトルの蓋一杯くらいです。

基本の味がついたら、美味しく、しかも少し濃い目になるように調味料を微調節しながら投入していきます。自分で美味しいと思えば成功です。

これで、美味しいスイートサワー野菜炒めあんが出来たわけですが、作りたいのは酢豚なので、とろみをつけるために水溶き片栗粉を投入します。料はとろみがつく程度です。

これで少し味が薄くなるので、最初にちょっと濃い目にしておくんですね。

ここで一旦野菜炒めの火を止めます。

で、次に豚肉の手順ですが、酢豚の命は豚肉がトロッとした汁の中でカリッ、サクッとした食感を持たせることなので(ここは結構本気のポイントです!!)、まず、片栗粉にまぶした豚肉を狐色になるまでじっくりと油で炒めます。

このとき野菜炒めあんの後半で余裕があれば油を熱しておいて、野菜炒めあんの火を止めるのと同時に豚肉をあげ始められるといいです。

※※※豚肉の揚がりたてに野菜炒めあんとまぶして食卓に出すことを目指します。

このために、豚肉に色がつき始めたら、野菜炒めあんに再び火を入れて温めます。
くれぐれも野菜炒めあんが焦げないように注意しましょう。

揚がった豚肉をキッチンペーパーなどに上げてかるく油を切ります。
全ての豚肉を上げたら、野菜炒めあんのフライパンに速やかに投入、フライパンを一気に煽ってささっとあんを豚肉に絡めます。

片栗粉の衣がべチョべチョにならないうちにすばやく皿に盛り付け、すばやく食べましょう。


注)私は全く料理についての知識は無いので、調味料、入れる具在、肉の部位などは全く知りません。全てはこれを入れたらいいかな?このくらい入れれば美味しくなるかな?この肉なら美味しいかな?という勘に頼って作っているので、量、入れる具在についてははっきり言及することは出来ませんが、このレシピで頑張って作ってみようという方は頑張ってみてください。

結構美味しく出来るはずです。

ショウガがあったらみじん切りかおろして入れるといいでしょう。

やさいはにんじん、たまねぎ、ピーマンをバランスよく入れると色がきれいになります。





以上。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2011-01-26 14:08 | チリ・アルゼンチン
<< 天才に出来ること。出来ないこと。 鍋敷の必要性についての考察 >>