鮮魚は怖い・・・

お腹。。。痛いです。。。。

実は・・・いま、魚介が食べられるということで有名な、チリのビーニャデルマルという町にいます。
そこで、もちろん、私も張り切って、市場で、新鮮な魚を買って来て、今日のお昼にお刺身にして食べたのですが・・・・

どうも、それから、お腹、みぞおち辺りだから、多分胃が痛くて仕方がありません。
ちょっと、タダの食中毒って感じじゃないんです。とにかく、何かで指されているような痛みです。
夕方くらいから、痛み出して、夕飯は全く端がつけられませんでした。
今は、悶絶しそうなくらいいたくて、日記を書くのも脂汗をたらしながら書いています。

この原因はなんだろうと思って、さっきちょっとネットで調べたのですが、どうもアニサキスじゃないかと思っています。

 アニサキスは普通魚の内蔵にいるらしいのですが、宿主の魚が死ぬと魚の実の中に紛れ込んでくることがあるそうで、それを間違って食べると、人間の体の中では生きられないアニサキスが、苦し紛れに胃壁や腸壁に食いつくことがあるそうです。

その痛みはそうとうで、悶絶するほどになることもあるということです。


で、。。いま、そんな感じなんです・・・

 アニサキスはほとの体の中では3,4日で死んでしまうそうですが、治療するには胃カメラを飲んで、小さなマジックハンドのようなもので取り出すか、開腹手術をするか、アニサキスが死ぬまで待つか、見たいなんですよね。

ただ、病院も良くわかんないし、銅説明したらいいのかわかんないし・・・

でも、苦し紛れに暗い付いたアニサキスが胃壁を食い破るとそれはそれで厄介見たいなことが書いてあります。


ちょっと、本当にどうしたらいいんですかね。

痛い。明日の朝まで待つべきか、、、日本に帰って手術を受けた方がいいんでしょうか。。。。

いたい。 


 今晩は眠れそうにありません。もし良い助言があったらヨロシクお願いします。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2011-04-01 13:09 | チリ・アルゼンチン
<< 茶トラ、ごめんね・・・ ベンベニード・ア・カラファテ >>