アフリカ最強の日本人宿「サファリ」@カイロ(エジプト)

その宿は5th floor にあります。日本式にいうと6階です。
無茶苦茶遠いです。行くのが嫌になります。
でも、カイロにあるそのアフリカ最強の日本人宿「サファリ」は、そこにあります。
d0043372_130336.jpg

「サファリ」には長期滞在者がいます。1年近くいるその人たちを「チームサファリ」と呼びます。そしてこの「アフリカ最強の日本人宿」というのはそのチームサファリのR君の口癖でした。
「カイロに来るならアフリカ最強の日本人宿サファリにおいでよ。歓迎するよ。」とナイロビでR君に言われて、どういう意味で最強なのかさっぱりわかりませんでしたが、カイロ滞在はそこに行くことに決めました。

沈没。
チームサファリは、そういった結局は旅の途中でカイロのサファリが居心地がよくて住み着いた人の集まりとも言えます。旅を忘れてよどんだ水のように一つの所にだらだら問い続ける。そんな印象を受ける沈没です。何か腐敗臭まで感じてしまうような…。
そんな沈没者ばかりがいるサファリってどんなところだろう。なんて気持ちもないわけではなく、それでもナイロビであったチームサファリのR君やAさんやMちゃんたちを見ているとちょっと覗いてみたくなって行ったサファリでした。

でも今回のサファリは楽しいことばかりではありませんでした。サファリで大事件が起こったのです。内容は詳しく書きませんが、その事件でチームサファリはただの旅行者の集まりとは思えない団結力を見せて、事件解決に当たりました。侍のようないでたちのNさんとダハブに行っていたAさんMさんが急遽カイロに帰ってきて、3人を中心に事件解決にいろいろと動いてくれました。

各方面に散らばっていたチームサファリの面々も集まってきて、パソコン通のHさんやシェア飯料理長のMさんも3人をいろんな面でサポートしながらチームサファリは動いていました。

しかし、事件は思った以上に残念な幕切れとなってしまったのですが、それでもサファリの暖かさに触れられた一件でした。そして、カイロを去るとき、侍のNさんがブルースハープで”stand by me”を私がとぐろに巻いた階段を下まで下りる間中演奏してくれました。心に響く”stand by me”をありがとうございました。
d0043372_127043.jpg

サファリではこの大事件とまったく別に私個人的な一大事もあり、なんとも忘れられない滞在となりました。
 
しかし、今チームサファリのメンバーもだんだんとサファリを去るという噂があります。でも新しく長期滞在者がまたきっとチームサファリを結成してくれるものと願っています。そして、いまの家族のようなチームサファリができて、サファリという宿が旅行者のつかの間の憩いの場となることを願っています。だから宣伝しておきます。

カイロに行ったらアフリカ最強の日本人宿「サファリ」においでよ。 
[PR]
by fuji_akiyuki | 2006-07-08 00:26 | エジプト
<< ペットボトル入りのビール発見@... カイロにかえろう!!@カイロ(... >>