ヘロインでヘロヘロ

ようやく、タイに戻ってきました。
って、本当にほっとしました。
中国であったおっさんに航空券持ってないと入れないよって脅されて、入れなかったらどうしようかって、本気でびくびくしていたのですが、全然問題なく60日くれて、普通に入国できました。

そして、タイに入国できたことより、むしろ、ラオスを抜けられたことに余計ほっとしました。
坂の勾配がひどくって、休もうと思っても村はあるのに全然商店はないし、あっても何もかもが高くて、ビールもコカコーラも冷えてなくて、食堂にいたってはほとんど皆無だし、まともな食事はできずに一日中飢えとのどの乾きにたえているところに、子供がハイタッチしてこようとするし、ネットはとんでもなく高い上に遅くて、愚痴をこぼす場もなくて、すべてがウザかったラオスを抜けて、タイに戻ってきたとたん、なんか、すごいほっとしました。

タイに入ったとたん、すべてが安くて、おいしくて、どこにでもお店と食堂があって、コカコーラもビールも冷えてるし、セブンイレブンあるし。クーラーかかってるし。そして、ネットも安くてはやいし。

なんで、ラオスって、中国とタイに挟まれながらあんななんでしょうね。

で、今日はタイ側のイミグレ、チェンコンに朝ついて、入国をすませて、そこから、約60kmソープラとか言う町に行ってきました。

 この町は別名ゴールデントライアングルと呼ばれている町です。

 タイ、ラオス、ミャンマーの3国の国境が接しているところで、ケシの生産で有名なところです。

 ケシの種は皆さんもきっとご存知、食べたこともあると思いますが、アンパンの上に乗ってるゴマみたいなやつです。

ところが、このケシ、アンパンの上に乗せるだけじゃありません。
 このケシの実から、モルヒネ。そしてそれを精製することで、ヘロインができるそうです。

つまり、この、ゴールデントライアングルはヘロインの生産で有名なわけです。

 私は今そこから、10kmほど南下したチェンセーンという町に投宿しました。さすがはゴールデントライアングルのお膝元、なんと、宿にフリーヘロインが置いてあって、ちょっと食べてみたのですが、もう、ヘロヘロです。なすが町を行進してるのが見えたり、エアロスミスのコピーバンドドが水槽の中で演奏してたり、そのこもった音が聞こえてきたりと、なんか面白いことだらけです。

ヘロインでヘロヘロ。なんちゃって。

























ま。嘘ですが・・・
まだちょっと早かったですね。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2009-03-29 20:02 | タイ6
<< Popsのかかる国 祝50,000km >>