カテゴリ:管理人への手紙( 7 )

押し入り強盗!?@ムズズ(マラウイ)

夜中の3時、宿のすべての客室をけたたましく叩いて全ての泊まり客を叩き起こしている、常軌を逸した連中が宿に押し入ってきました。

初めは朝早いバスにでも乗る団体が、グループの人員を起こしているのかとぐらいに思っていたので、自分の部屋がノックされた時は「まちがいやがったな、バカやろうめ」くらいに思って無視していました。しつこくノックするので、
「what?」
と訊いても向こうは現地語で何やら言うばかりで要領を得ません。

チラっと押し入り強盗か!?とも思ったのですが夜中に叩き起こされたことが腹立たしかったので
「今何時だと思ってるんだ」
と文句を言うと、相手は英語で
「警察だ、イミグレだ、パスポートをチェックするから出て来い!!」
それを聞いてさらに頭にきました。警察なら何をしても許されると思うのか!
「ふざけるな、非常識だ。帰れ!!」
「警察ならIDを見せろ」
「IDはない」
なんて勝手な言い草だ。絶対にドアは開けない。壊したければ壊せばいい。困るのは俺じゃない。そう思って頑として譲りませんでした。

すると渋々警察は引き上げていったようですが、途中で起こされた私はトイレに行きたくなってしまったので頃合いを見計らって出ようとすると、今度はドアが開きません。警察が外から鍵を掛けていってしまったのです。鍵は一連の騒ぎで起きて外にいた人が開けてくれました。しかし、何と幼稚で利己的で高圧的な態度なのでしょう。こんな人間が警察権力を振り回して当然の顔をしているなんて許せません。と、怒りでその後眠ることができませんでした。

私は今、ムズズという町にいます。ケープマクレアという村でダイビングライセンスを取得し、調子に乗ってレスキューコースまで取ったため、2週間の滞在になってしまいました。

マラウイは驚くほど米がおいしいので食事は毎回楽しみです。アフリカには広くトウモロコシを粉にして水と混ぜ、火にかけて作る餅のような食べ物があって、マラウイではシマと呼ばれています。味は悪くはないのですがすぐに飽きてしまうのでマラウイに入ってからはシマを食べていません。こんなにうまい米があるのにシマなんて食ってられるかと思うのですが、現地の人にはシマの方がウケがいいらしく、値段も同じなのに上手い米(私はアフリカではガボンと並んで一番うまいと思うのですが)よりシマを食べる人が多いのがショックでした。不思議ですね。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2005-09-24 00:00 | 管理人への手紙

ありがとうございます@カンカン(ギニア)

今はカンカンにいます。ギニア第2の街らしいけど何もないところで、ここのインターネットって大学の中で俺がつかっていいのかもわからないです。ただ日本語が読めます。

ニンバは結局行けませんでした。自転車の調子が悪くなってしまったので。チンパンジーの研究のところは行ってみたかったのですが。(管理人注:個人的メールなので省略だらけです。)
[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-08-12 00:00 | 管理人への手紙

foto@?(セネガル?)

ちょっとしたいきさつで、アタール(モーリタニア)で知り合ったベルギー人がボランティアでやっている学校に来ることになりました。その時の写真を添付するのでWebに使ってくれ。
d0043372_2256758.jpg

[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-06-07 00:00 | 管理人への手紙

管理人宛の絵葉書@アガディール(モロッコ)

今、俺はアガディールという町にいるよ。
気温は20℃前後。これから南下するともっと暑くなるというのがまだ信じられないが、日差しは強くなっている。知らぬ間に焼けていて、額がひりひりする。目も夜になると充血していたりする。さらに暑くなるとかなりつらくなることが予想される。40℃を超えるようになったら走れるかどうか心配だ。砂漠の真ん中でのたれ死んだらいやだなとか考えてしまう。まだサングラスもしてないし、暑さ対策らしいものは何もしていないから何ともいえないが、日陰のない砂漠を1日じゅう走れるのだろうか。日差しをさえぎるためにはテントを立てるくらいしか方法がないが、テントでは太陽の光はかなり入っているので何か策が必要だと思う。テントとフライの間に輪行袋をひろげて入れるとかして何とか強い影を作る方法を考えている。最悪、昼の一番暑い時間帯はそうやって寝てるのが一番だと思う。風も強いと聞くかれそれも問題になってくる。毎日石狩浜状態じゃたまったものではない。

自炊やcampについてもこれからいろいろ考えなくてはならない。不安ばかり書いてしまったが、解消された不安もある。インフレーターだ。ねじこみ式の部分がプラスチックだか樹脂製のものを見つけた。こっちの方が多少空気も抜けにくいようで、かなり高い圧まで入れられるよ。あとは状況に応じていろいろためしながらなんとかやっていこうと思う。

写真は実はアガディールではなくて、多分そのとなり町。来る時間違えて入りそうになった町で、アガディールから撮った風景だと思う。
d0043372_22372289.jpg

[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-04-23 00:00 | 管理人への手紙

管理人宛の絵葉書@ラバト(モロッコ)

おもて(管理人注:下の写真)は"たんねり"とかいって羊かなんかの皮を染めてなめし皮を作っているらしい。ロバや馬の背にのせて使うものらしいんだけど、フェズの名物産業になっているようだ。写真は観光客用のテラスから撮ったものらしいが、ここに行くのに迷路のような道というか、人の家だか工場だかわからないところをくるくるくるくる回されてゴトゴト回る歯車の横を通ったり、ひどいにおいのするたんねりの液の上を通した板を渡ったり、まあ面白くはあったけどね。

フェズに限らずどこの町にもメディナと呼ばれる旧市街があって、その中は道が非常に入り組んで迷路のようになっている。その中にこの"たんねり"工場もあるのだが、特にフェズはこのメディナが入り組んでいることで有名なところらしい。メディナは城壁で囲まれているから昔の要塞都市なのだろう。こんなものを7世紀、8世紀に作ったというのだからおどろきだよ。

これから南下してサハラ越えに向かうよ。
ポールとサイクルメーターありがとう。
d0043372_22255719.jpg

[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-04-12 00:00 | 管理人への手紙

管理人宛の絵葉書@カサブランカ(モロッコ)

ハッサン2世モスクというカサブランカ最大のモスクです。
海にせり出して立っているので海の上に立っているようにも見えます。夜になるとライトアップされてそれも綺麗だったりします。町は大都市で多少自分の想像とは違っていたけど、なんでもそろうので過ごしやすい町ではあります。
d0043372_22104046.jpg

[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-03-25 00:00 | 管理人への手紙

管理人宛の絵葉書@チュニス(チュニジア)

Bon Jour.

昨日無事にチュニスに着いたよ。サイクルメーターいきなりなくしてしまい、昨日は探しまわったけど見つからなくて困っていたら、レーサに乗った2人組を見つけたから捉まえて、今日はカルフールに一緒に行く約束をした。

HPはいろいろありがとう。チュニスはHotmailの使える所はないらしいので、次はアルジェで挑戦してみるよ。

チュニスは一見すると大きな町だけど、よく見てみると造りのしっかりした近代的な建物は少ないみたいだよ。街を歩いていてあまり危ないと感じることはないので治安は大丈夫そうだけど、昨日はいきなり葉っぱの勧誘を受けたよ。旅行者を見るとすぐにこれだからいやになるよ。今回は酒も控えようかと思っているのに失礼だ。まあ旅が始まったという感じではある。

自転車にまず慣らしていかなければと思っているところだ。明日まず60~70kmほど走ろうと思う。100km走るようになれば何とかなると思う。気温はまだ暑くないよ。
d0043372_059281.jpg

[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-03-12 00:00 | 管理人への手紙