カテゴリ:タイ4( 2 )

カオサン観察日記。救われない不毛な住人たち・・・

バンコクは旅人の街です。
世界各国からバックパッカーが集まってカオサン通りはいつもにぎわっているのですが・・・
いろんな人が集まるからにはそれなりに変なやつもいるわけです。
そして、そういうやつに限って、結構カオサンに沈没していたりするわけで、勢い、カオサン通りには変なやつが多くなるわけですが・・・

 いや、今回はかなりそういうのに当たりました。

 ついて早々、車輪の小さな自転車にエンジンのついたようなへんてこなバイクに上半身裸で乗って
『ヒュー』
っていいながら、自転車の子供たちと真剣に遊ぶおじいちゃんを見かけました。
 この人はセントラル(ゲストハウス)に在住で、やっぱりちょっと回りから敬遠されている感じでした。

 この、セントラル、今友人が泊まっているので時々遊びに行くのですが、ちょっと変わった面々が多くてなかなかに興味深いところです。
 で、泊まっている友人もやっぱり同宿の黒人に押し入られそうになったりといろいろ大変な修羅場も潜り抜けているようです。
 昨夜も遊びに行って、いつもはそんなセントラルなので、長居はせずにすぐにどこかに行くのが常だったのですが、昨日は魔が差してというか、なぜかフロント(実際どこがフロントなのかよく分からないのですが宿の入り口付近)のベンチで、トランプを出して遊んでいました。

 すると怪しい笑みを浮かべ、ちょっと魔女をほうふつさせる白人のおばさん(なかなかに美人なのですが、実はおばあちゃんと言ったほうがいいかもしれないくらい年をとっているのではないかと思われる)が近づいてきて、
『私に貸して、ひとつ手品をしてあげる』
 ちょっとろれつも回ってなくて、ちょっとふらふらして、動きも奇妙手つきもちょっとおぼつかない。これが魔女でなければキマッっている(マリファナか何かで気持ちがよくなっている状態)としか思えないので、大丈夫かなと思っていたのですが、マジックは非常に鮮やか。
 あんまりお近づきになりたくないような雰囲気ではあるのですが、実際魔女だったのかもしれません。

 このあたりはまだ害が無かったのですが。

 実は、昨日、宿を変えました。

 なぜなら、変な外人に怒鳴り散らされたからです。

 今回、全然宿がうまくいきません。

 サクラは南京虫の大発生で、PCゲストハウスと言う、ちょっとディープな宿に鞍替えしたのですが、おとといの夜のことでした。

前出のセントラルにお住まいの友人とごくごく静かに話をしていたのです。
 緑のタンクトップで、長く伸ばしたブロンドの髪をドレッドにして、頭の上でまとめた白人のおじいさんが突然何かをわめき散らしながらすごい形相で歩いてきます。

 全く心当たりの無い私たちはただ呆然と彼がどこに向かって叫んでるのか、いったいどこに向かおうとしているのかを目で追っていると、どんどん近づいてきます。

 全く何が気に障ったのか全然分かりませんが、どうも私たちに文句があったようです。
 私たちのところまで来て止まったのです。硬く握った握りこぶしを振り上げて。
 本当に殴られるかと思って怖かったです。そして、きたときと同様突然去っていきました。

 意味不明。
  

 そんな突然切れて怒鳴り散らしながらやってきては殴られるのではたまったものではありません。きっと気が狂ってるのでしょうが、こんな住人のいる宿はとっとと出るに限ります。

 と、思って、その夜も場所を変えようということで、マック(マクドナルド。関西風にいうとマクド)に移動しました。

 ここでも驚くべき光景が・・・・

 白人の女の子が3人、いきなりビールを持って入ってきて、一人がセットを頼んで、二人はハンバーガーをひとつ注文して、ひとしきりしゃべって、しっかりビールを飲み干して出て行きました。
 
 どこの国の人かは知りません。でもその国ではビールを持ち込んで酒盛りをしてもいいマックがあるのでしょうか?それが許されるならそれはそれですばらしいですけどね。

 さすがは先進国のお嬢様だけあって、ちゃんと後片付けもしっかりしていきました。ごみはゴミ箱に、トレーはその上の回収場所に。そして、しっかりビール瓶も捨てていきました。

 ゴトッ


移った先はパンラムゲストハウス。サクラと同じようにエアコンのドミトリーがあります。

 ただ、昨夜、飲んだせいで、5時ごろ、目が覚めてしまいました。
 わたしはちょっと深酒をすると二日酔いに悩まされることは無くても何故か3時とか4時におきてしまうのです。 今日は深酒のせいだけでなくて、エアコンが効きすぎて寒かったせいかも知れませんが。
 とにかく早く起きて、眠れないので、こうしてネット屋さんに足を運んだしだいです。

 深夜から早朝にかけて、もっともカオサンに変な人が多くなる時間で、去年は元男のお姉さんに『おにぃさぁ~ん』って叫ばれながら追いかけられて、必死に逃げたので、それでも7時を過ぎるまで待ちました。

 でも・・・ いました。 変な人。

 今日見たのは金色のマニュキュアをぬって、ほっぺたをオレンジ色に染めて、瞼を緑に彩った、おねえさんが、歩道と車道の段差に腰掛けて、目の前に置いたレインボーバッグ(しゃべることは出来ません・・・たぶん・・・)に身振り手振りも交えて一生懸命話しかけていました。

やっぱりカオサンって変な人多いなとキーボードたたいてらネット屋さんに女の子を連れて入ってきた白人の男がやったら、Crazyを連発していました。
女のこの方はやたら化粧が濃くて、昨晩、バーかどっかで引っ掛けてきた感じです。もしかしたら、そういう商売の女の子かもしれませんが、どうも昔からの友達ってわけではなさそうです。しかも一人かと思ったら白人の男と最初一緒に来た女の子がコンピューターの前に陣取ったころ、ぞろぞろ女の子がほかに2人も入ってきたのです。

 『君はクレイジーだ。これはクレイジーだね、ああ、クレイジー、クレイジー。』

 その男はまだ若そうなのにかわいそうなことに、何を言うにもクレイジーと言わないときがすまない奇病にかかっているのかと思われるほどクレイジーと連発して、挙句の果てに連れてきた女の子に

『あんたそのクレイジー、クレイジーって連発するのやめてよ。』

『おお、そんな、クレイジーだ。』

『今度いったらもう話してあげないからね。』

っていわれて、ちょっとシュンとなって、小さな声で、クレイジーって言ってました。

 そして、何故か、男と一緒に後からはいってきた2人の女の子だけが出て行って、最初に一緒に来た女の子は、私の2つ隣で、今もキーボードをたたいているのです。

 カオサンにいるとだんだん周りが変な人ばかりに見えてくるんです。
 
 自分も重症なのかなって思います。

 そろそろ出ようっと。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2008-07-03 11:43 | タイ4

南京大虐殺。

昨日は全然眠れませんでした。
 なぜなら、







 からだじゅうが・・・







かゆい!!!!!!!!!!!!!


かゆい、かゆい、痒い、粥い。

何をやってもどこもかしこも痒い。痒くて眠れません。


 どうも何かが体を這ってる気がする。感じる。




 南京虫!?



 頭をよぎるあの、赤くて平べったい醜悪な姿態。


 南京虫がいるのか?


「ああ、いたいた、これ、南京虫ですよね。」
「それそれ、あ、ほら、そこにも。」


 隣のベッドでも同じような事件が起きたのか、そんな会話が聞こえてきました。

「やっぱりな南京、いますよね。」とわたし。

 やっぱり同じドミの皆が被害にあっていたようで、いつの間にかドミを出て、いすと冷蔵庫のあるところに皆集まり、南京被害者の会が結束しました。

 そして、南京の被害報告会、ここでは見るも無残に食い蝕まれた足をさらす旅行者たちが雁首そろえて、被害を嘆きあいました。


そして、今後の対策を考える会議が催され、結局現状把握と、可能であれば南京虫の駆除をするためにドミに戻り、どれだけマットレスが南京に侵食されているのかを検証し始めました。

 いるわいるわ、マットの裏側に黒いコロニーみたいなものを作って、卵から成虫までうじゃうじゃ。しかもマットレスの中にまで穴を開けて入り込んでいるらしく、その近辺をたたくと中からわらわらとあわてて南京虫がうじゃうじゃ出てくる様子はなんか、ちょっとしたオカルト映像、ホラー映画のようでした。

あわてて逃げていく南京虫をつまんではつぶし、つまんではつぶし、あるものには殺虫剤を吹きかけて、とにかく殺します。
 南京虫は殺されてるとわれわれから吸い取った血を対外に放出させて絶命します。
 その様子は凄惨でありながら、彼らに苦しめられたわれわれにとっては甘美で、サディスティックな快感を提供し、「ざまあみろ」と言わんばかりに復讐心を燃え滾らせて、残虐で無常な南京大虐殺を繰り返していったのですが・・・・

 次から次へと絶えることなく湧き出してくる南京虫に打つ手は無く、虐殺も南京の生殖能力には追いつかないかのようにただただ虐殺の時間だけが流れ去り、不毛な朝を迎える事態になってしまいました。

被害者の会、5人はこれはダメだと宿のスタッフに被害状況を訴え、対策を講じるように要請するも宿のスタッフは意にも介さず、
「別の部屋に後二つベッドがある」
と、暗に部屋の移動を示唆、しかし、被害者は5人。たりません。

 そこで、われわれは宿を移ることを決心しました。

 サクラゲストハウス、いい宿だったのに。

 まともに南京虫の駆除が出来るまで、ここに戻ることはしばらくできそうにありません。

どこかにクーラーの効いたドミトリーってほかにありませんかね(カオサントラベラーズロッジはさらにひどいとのうわさが流れています)。

 この日記は有効な南京駆除対策を実行しようとしない怠慢なスタッフに対して、「ベッドに南京虫がいるような宿になんてとまりたいわけ無いじゃん」と、多くの旅行者が思っていることを理解してもらうために、サクラ不泊運動を進めて、
「何で客が来なくなったんだろう」

「あ、そうか、ベッドに南京虫が出るからだ。」

「仕方ない、本格的に南京虫を駆除しよう」

というように動いてくれることを期待して書くものである。

 サクラ、気をつけてください、南京が出るといううわさのある間はとまりに行かないほうがいいかもしれません。客足がぱたりと途絶えればきっと対策を講じるでしょう。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2008-07-01 14:54 | タイ4