<   2004年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

今ラユーンにいます@ラユーン(西サハラ)

やっと日本語の環境をインストールできました。
今、西サハラという地域の北端に位置するラユーンという町にいます。

ここの一つ手前の町タルファヤは半分砂で埋まってるような町で、そこまで走っているときは砂丘のど真ん中を走るときもあって結構恐かったりもしました。もちろん砂の上は走れないので道はあるのですが。砂丘には風紋がついていてそれが規則正しく並んでいるのでとてもきれいです。さらによく見るとそこに小さな足跡が無数についています。足跡というか何かが這いつくばったような跡がついていてその正体が知りたくてしばらく砂丘を歩いていると小さい動く白い物体を見つけました。ワラジ虫のようです。丸まることはできないのできっとワラジ虫だと思うのですがいろは白というかちょっと半透明でいくらか班点があります。そいつがちょろちょろと動き回ると砂丘の上に小さな足跡ができるようです。

暑いのかなと思ったのですが、実際走ってみると気温がそれほどでもないので日差しが強くても、風があたると涼しいのでいまだに暑さには悩まされていません。

問題はこれから町がほとんどなくなることです。今のところなんだかんだといって30kmほど走るとカフェがあったりして何とかなってたのですが、フェズで会ったダクラまで行ったという人に聞いたらどうもここラユーンからはほとんど何もなくなるらしいので、どこで休憩するかが問題です。走っていると涼しいけど止まると暑い、だから走り続ければいい。とはなかなかならないもので、やはり休憩はしないと足がペダルを踏めなくなってしまいます。

暑さより風が今は問題です。風はかなり強く、午前より午後の方が強く吹きます。典型的な海風で陸が暖まるとそこに上昇気流ができて海から冷たい空気が流れ込んでくるというわけです。これが海沿いを走る私には大体横風になるのですが、道の向きや風向きの微妙な関係で追い風になったり向かい風になったりします。向かい風だと地獄のようですが、追い風だと天国です。まるで一人で流水算(川を上ったり下ったりするときの船の速さを考える問題)をやっているようです。

今後はまずダクラを目指してさらに南下します。ここからは何とか1日で行ける距離に一つくらい町があるといった感じです。

ダクラからヌアディブーというモーリタニアの町まではコンボイでしか行けないと聞いていたのでコンボイに乗る予定だったのですがこれが2002年に終了したということをある町の宿で聞きました。さらにその区間は自転車で走れるともいわれたので砂漠の真ん中をさらに400kmほど長く走らなければならないかもしれません。さらにそこは300kmほど町の無い区間があるのでちょっと心配です。

今日は一日ラユーンを観光したのですが、砂漠の中にあることを忘れてしまうほどの大きな町です。まあ、大きいといってもたかが知れてはいるのですが、それでも予想以上に大きかったので驚いています。昼間はどこも店が開いてなくてがらんとしているのですが、7時くらいになるとどこにいたのか人がぞろぞろと出てきて店が開店していきなり賑やかになります。そういう傾向はどこの街にもあったのですが、ここは特に昼は人が少なく、店はほとんど休業といったかんじです。南にくればそういう傾向が強くなるのでしょうか?

さらにUNと大きく書かれた車両をよく見ます。国連の車だと思うのですが、そういうのを見るとやはりここが安全が保証された土地ではないと感じます。きっといろんなお仕事があるのでしょう。早く安全が取り戻せるようにがんばってくださいという気持ちです。でも警察に検問を受けると頭に来るのですが。

アガディールで思ったのですが、月の向きが変です。三日月がものすごい角度にみえたのです。モーリタニアの国旗に描かれている三日月は横倒しになっていてとても違和感を覚えたのですが、このあたりは日本に比べると緯度も低いので三日月が沈むときにかなり横倒しになるのです。考えてみると当然なのですが実際に見るとちょっと不思議な気分になります。

最近こちらのキーボードの位置を指が覚えてしまい、ちょっと日本語が打ちずらくなってます。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-04-29 00:00 | 西サハラ

ラユーンより@ラユーン(西サハラ)

ここラユーンは大きな街で自分がサハラ砂漠のど真ん中にいることを忘れてしまいそうです。砂漠と言っても砂丘ばかりではないようです。サハラもほとんどが岩砂漠だと聞いたことがあるのですが、できればきれいな砂丘を見たいものです。昨日はかなりそういった砂丘のど真ん中を走ったのですが、今日は砂丘はありませんでした。それどころか、なんとか水をひいて牧草地を作っているところもあって、ちょっと意外でした。これもラユーンという大きな街の影響でしょうか?いいかげん暑いのかと思ったのですが、まだ気温は25℃くらいまでしか上がりません。

これから心配なのは風です。今日も風が強くて、かなりあおられてしまいました。今日は横風だったのでまだよかったのですが、これが向かい風になると恐ろしいことになりそうです。日差しが強いと風も強くなり、朝より午後のほうが強く、風向きも海から陸に吹く典型的な海風なので、基本的には右からの横風になります。たまに竜巻ができるのでそれが怖いです。今のところ大きなものは見ていませんが、そのうちでかいのに当たったら嫌だなと思います。

今のところ元気です。これからは街の数は一気に減り、昼間に日差しから逃げる手段すら失うことが気がかりですが、まあ何とかなるでしょうと気楽に構えています。気温が高くないので救われています。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-04-28 00:00 | 西サハラ

今ラユーンにいます@ラユーン(西サハラ)

今日ラユーンに到着しました。ここは砂漠のど真ん中なのですが、それを忘れてしまうほどとても大きな街です。ラジオに生出演するため、この街には3~4日滞在するつもりです。5月1日にNHK第一ラジオで午後5時からの地球ラジオ「旅でござんす」です。是非お聴き下さい。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-04-28 00:00 | 西サハラ

タンタンより@タンタン(モロッコ)

今、タンタンにいます。ダクラ(西サハラ)までは自転車で走れるとのことですが、ダクラからヌアディブー(モーリタニア)までの間はコンボイ(護送団)に乗らなければならないと聞きました。そのつもりでいたのですが、コンボイは2002年に終了したことを昨日知りました。ということで一人でこのエリアを自転車で走行することができそうです(砂漠を450km通過)。まだよくわかっていないのでラユーンとダクラで確認したいと思います。明日はこの旅初のキャンプをするつもりです。

大地は乾燥し、風は強く、植物は小さなものばかりになってきました。しかしまだ気温は高くありません。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-04-26 00:00 | モロッコ2

管理人宛の絵葉書@アガディール(モロッコ)

今、俺はアガディールという町にいるよ。
気温は20℃前後。これから南下するともっと暑くなるというのがまだ信じられないが、日差しは強くなっている。知らぬ間に焼けていて、額がひりひりする。目も夜になると充血していたりする。さらに暑くなるとかなりつらくなることが予想される。40℃を超えるようになったら走れるかどうか心配だ。砂漠の真ん中でのたれ死んだらいやだなとか考えてしまう。まだサングラスもしてないし、暑さ対策らしいものは何もしていないから何ともいえないが、日陰のない砂漠を1日じゅう走れるのだろうか。日差しをさえぎるためにはテントを立てるくらいしか方法がないが、テントでは太陽の光はかなり入っているので何か策が必要だと思う。テントとフライの間に輪行袋をひろげて入れるとかして何とか強い影を作る方法を考えている。最悪、昼の一番暑い時間帯はそうやって寝てるのが一番だと思う。風も強いと聞くかれそれも問題になってくる。毎日石狩浜状態じゃたまったものではない。

自炊やcampについてもこれからいろいろ考えなくてはならない。不安ばかり書いてしまったが、解消された不安もある。インフレーターだ。ねじこみ式の部分がプラスチックだか樹脂製のものを見つけた。こっちの方が多少空気も抜けにくいようで、かなり高い圧まで入れられるよ。あとは状況に応じていろいろためしながらなんとかやっていこうと思う。

写真は実はアガディールではなくて、多分そのとなり町。来る時間違えて入りそうになった町で、アガディールから撮った風景だと思う。
d0043372_22372289.jpg

[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-04-23 00:00 | 管理人への手紙

ラジオに出演します@アガディール(モロッコ)

NHK第1ラジオの5月1日午後5時から7時までの番組で”旅でござんす”という番組に声の出演ができそうです。たぶん西サハラの首都ラユーンという町にいることになるでしょう。そこからがサハラ越えの本番です。暇があれば聞いてみて下さい。

今はアガディールという街にいます。高級リゾート地といった感じでちょっと居場所がありません。明日にはこの町も出てラユーンに向かう予定です。そろそろテントも必要になってくるので自炊の準備もしなければなりません。米も手に入るのですが、クスクスが調理しやすくおいしいのでこれを使おうかと考えています。焦がすと大変なことになるのが玉に瑕です。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-04-22 00:00 | モロッコ2

人間不信回復@マラケシュ(モロッコ)

昨日カサを出て今日マラケシュに着いたよ。昨日は170km走って今日は70km走ったよ。昨日泊ったのはBengrirとか何とか言う町で、大都市間のガソリンスタンドとかレストランを主に運営して、そこで資金を稼いでいるような町で、何かなにもない上に物価も高い、あんまり嬉しくない町だったよ。マラケシュもフナ広場とよばれるメインの広場は観光地化されていて土産物屋とか高いカフェでいっぱいだけどメディナの奥の方には安く食事のできる店とかあってさらに迷路になっていて面白いよ。

ここの人は俺がアラビア語を喋ると喜んでくれるからちょっと話すのが楽しくなってきた。ケタマ以来人間不信になっていたけどフェズ、メクネス、ラバト、カサ、マラケシュとだんだんまともな人もいるなという気分になってきたよ。それでも耳元で葉っぱとかハシシとかささやいてくる輩もいるけどね。かなり人間を人間としてみることができるようになってきた。ケタマには行くべきではなかったかな。

明後日にエッサウィラとかいう町に向けて走り出す予定だよ。ここから170kmあるんだけど途中で泊れる町はなさそうだからテントか170km位なら走りきってしまうかのどちらかだね。道の状況を見て体調と相談しながら決めることにするよ。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-04-17 00:00 | 管理人へのメール

マラケシュより@マラケシュ(モロッコ)

昨日カサブランカをでて170km走り、今日は70km走ってマラケシュという一大観光地に到着しました。ここは旅行者が多く、欧米人でいっぱいという感じです。マラケシュ観光の中心に位置するフナ広場周辺はかなり観光地化されていて物価は非常に高く、変な土産物屋ばかりです。ただ、メディナの奥にいくとまだやすく食べられる食堂やカフェがあるのでいつもそっちにいっています。

明後日ここを出て海の方に向かいます。後はひたすら南下してサハラ越えです。
また大きな都市から連絡します。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-04-17 00:00 | モロッコ2

アガディールより@アガディール(モロッコ)

今、アガディールという街にいます。2日前はマラケシュの西180kmにある街エッサウィラという観光地にいたのですが、そこから南下してきました。

昨日はタマナーという小さな街のにある名前のない小さくて汚いホテルに泊まりました。そこで部屋の中にテントを建て、アフリカの伝統的料理「クスクス」を自炊してみました。やってみたら、米を炊くより簡単で、費用はかからず、レストランの料理よりよっぽど美味しいことがわかりました。

ところで、5月のはじめにNHKラジオ第一に出演するのでぜひお聴き下さい!NHKから電話がかかってくる予定で、僕の声がオンエアされるはずです。17時からの地球ラジオという番組内の「旅でござんす」のコーナーです。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-04-17 00:00 | モロッコ2

インフレーター@カサブランカ(モロッコ)

実は今日ここにとどまった理由は雨だけじゃないんだ。

インフレーターのキャップをなくして今ポンプが使えない状態にあるんだ。フレンチバルブを包み込むタイプのやつなんだけどキャップがないと閉めることができないから圧をかけられないんだ。無くしたのは何日か前の話でフェズで新しいポンプを買ったんだけどこれがエンペラーなんかに最初についてるねじ込み式のポンプで昨日の夜、それを使って入れようとしたけどネジのところから空気が抜けて思うように入れられないんだ。それで焦って今日は雨の中インフレーターを探し回っていろいろ行ったけどどうもバルブ全体を包み込んで圧をかけるタイプはここにはないらしい。だから多分南アフリカまでこのポンプでがんばるしかなさそうだよ。もうちょっといろいろできそうだと思ったけど結構カサも不便かもしれない。それでもなるようにしかならないんだろうな。ネジはすべていつか緩むということを学んだよ。

明後日はマラケシュにつけるといいな。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2004-04-15 00:00 | 管理人へのメール