<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マプト到着@マプト(モザンビーク)

昨日スワジランドを抜けてモザンビークの首都マプトに着きました。心配していたビザは国境で少し高かったけど簡単に取得でき、距離的には国境からマプトまで75km明るいうちにたどり着ける勝算はあったのですが、何しろ予定外のパンクが5回もあり、結局町に着いたのは真っ暗になってしまいました。

受け取ったビザはたったの30日。次の国ジンバブエまで1500km以上。ビザが切れる前にモザンビークを脱出できるかどうか心配です。

残り28日。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2005-06-27 23:51 | モザンビーク

真相は@ムババーネ(スワジランド)

ここ2回程謎めいたメールを送ってしまいました。
実は真相があります。

えっ?本当に捕まって脱獄したため、南アフリカにいづらくなってヨーロッパに高飛びした、そこでローマやアムステルダム、ベツレヘムを回って帰ってきたのか??

いやいや、そんなことではありません。
牢屋に投獄されたのは、実はグラハムスタウンのバックパッカーズ(安宿)が旧刑務所を改装したもので、牢屋を客室にしていたのです。

グラハムスタウンには夜着いたので、もう宿が見つかっただけでも安心していたのですが、チェックインするとすぐに指紋をとられました。そして宿帳に記入するのですが、そこに罪状や服役期間を書く欄があったのです。何だこれはとスタッフに聞くと、「面白半分だよ」ということでした。
罪状には名前を、服役期間には滞在予定日数を書くだけのことでした。

d0043372_124437.jpg


露出狂はどこから出てきたのか?

牢屋に入るためには何か罪を犯さなければなりません。チェックインが済むと次はスタッフが10枚ほどのカードを伏せて差し出したのです。1枚取れというので1枚引くとそれには「~ exposer」と書かれていました。もちろん露出狂なんて単語は知らなかったのですが、"expser" という単語で大体想像はついたのですが、スタッフに確かめるとやはりそういうことだそうで…。

まさか立ちションするくらいでは捕まりません…。

ベツレヘムとアムステルダムは南アフリカにある町の名前、ローマはレソトにある町の名前です。その間ずっとアフリカにいたのですが、南アフリカはアフリカという感じはしないので、ここスワジランドに入ってアフリカに来たな~と感じたわけです。

南アフリカにはイーストロンドンやポートエリザベスなどヨーロッパにちなんだ名前も多いようです。これは北海道に北広島や福島があるのと同じ理由のようです。

ところで、なんでも「北広島」は昔「広島町」といったが、市になる時に同じ名前の市が2つあってはいけないようで、頭に「北」を付けて「北広島市」になったという話を聞いたことがあるのですが、本当でしょうか?

函館近くにある福島は「福島町」なので問題がないとか…どこまで本当なのか…。

これからとにかくモザンビークの国境まで行ってみることにします。入れなかったらどうなることやら…。完全に路頭に迷うことになります。ここ2日間はビザが取れなくて落ち込んで何もする気が起きませんでした。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2005-06-24 17:37 | スワジランド

Swaziland Mbabane@ムババーネ(スワジランド)

昨日アムステルダムからスワジランドの首都ムババーネに到着しました。
久しぶりにアフリカへ帰ってきたような感じです。しかし、ムババーネ手前の6km続く坂には参りました。今日はモザンビークの大使館に行ったのですが、ビザは国境で取れと追い返されてしまいました。モザンビークに入れるのやら・・・。
d0043372_0282266.jpg

[PR]
by fuji_akiyuki | 2005-06-22 18:49 | スワジランド

露出狂で投獄??@マセル(レソト)

実はこの間ポートエリザベスを出て、グラハムスタウンに着くと露出狂の罪で投獄されてしまいました。その日は運悪く雨も降って、予定が大幅に遅くなり、確かにグラハムスタウンに着いたときにはもう夜で20km手前で立ちションもしたけど、それで牢屋に入れることもないだろうと思ったのですが、私は独房に放り込まれてしまいました。濡れ衣だ・・・.

そんなことで諦めるわけにもいかないので、私は3日でその牢屋を脱獄し、昨日ローマに着きました。ローマは寒く、今日朝起きたらテントが凍っていました。そして今日はローマを出てレソトの首都マセルにやってきました。そんなわけでせっかくローマまで行ったのにろくに観光もせずに1日で出てきてしまいました。

これからサニ峠の状態によってはベツレヘムに向かう予定です。

しかしとにかくレソトは坂がきついです。まるで幌見の壁が一生続くくらいだと思っていいでしょう。自転車の限界を感じて走っています。

幌見の壁については管理人のJunyがHPの「旅先からのブログ」でコメントをつけているので参照にして下さい。どれだけきつい坂が連続しているかわかると思います。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2005-06-10 22:43 | レソト