<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

チベットはこんなところ。@アリ(中国:チベット自治区)

ここまで、走ってきました。これがどんなだったか感想を書きます。
くれぐれもバスで来てしまった方は見ないようにしてください。


ペダルを踏むと息が上がる。
登り道はやたらと勾配がゆるくても100m走ることすらやっとになる。

標高4800m、アクサイチン。中国とインド、双方が領土を主張する微妙な土地だが、インドが気づかない間に中国が道を通してしまい、事実上中国が実効支配しているというちょっと冗談みたいな土地。

しかし、中国がそこに通した道はほとんど4800mを越えるとんでもない道。空気も薄く、自然環境も厳しい。そんなところを自転車で走ってみた。

d0043372_22184382.jpg


空は青を通り越して群青色、空気は冷たく澄んで、肌を刺すように刺激してくる。
高度のためか、太陽に近く、日差しは痛いほど体に降り注ぐ。
日差しにまとも当たっているともちろん熱いが、4800mの冷たい空気はそよ風となって吹いただけで、体をクールダウンさせてくれる。
肌は日差しに焼かれ、さわやかで清涼感あふれる風に冷やされる。

爽快である。


べダルをこいでも汗が出ない。ここは乾燥した荒野でもある。正確には汗はかいたと同時に風に吹かれ蒸発してしまう。

どんなに走っても体には爽快感。

4800の荒野に地平線が見える。この信じられないほどの高度に信じられないほどの平原が広がっているのだ。
そして地平線まで続く道。あるのは風と、太陽だけ。
止まって耳を澄ませば風の音しかしない。
風がやめば何一つ音を立てる野のない完全な静寂が訪れる。

d0043372_22143232.jpg


台地は不毛な茶色をしていることもあれば、低く生えた草によって淡く緑や、黄緑色に色づくこともある。

道は時に荒野に走る一本道、にもなるが、地平線の向こうから山が近づいてきて、突如、山道になることもある。

高度は5000mをいったり着たり、もちろん木は一本も生えていない。すでに森林限界はとっくに超えている。

周りを取り囲む山はすべて不毛の禿山になる。しかし、その禿山の美しさに圧倒される。
何億年という単位で、風と、雨と、日差しと、温度によって、浸食された不毛の山々は硬い層頂に残して広く裾野にその崩れた地理や砂や小さな小石を緩やかに広げている。
素直に延びるその曲線の美しさに感嘆させられる。よく観察すると、その筋はいくつもの色と深みと光沢を持っている。

不毛とはいえ、山全体はその裾野も合わせて、千差万別の色と形、そして、時にダイナミックな裂け目を見せたりと見てるほうをあきさせない。月並みで、陳腐な言葉で語るのならば、自然は偉大な芸術家であるとしかいえないが、それは筆舌に尽くしがたい。
しかし私はそこで、何億年もかけて自然が作り出した造形美に取り囲まれ、時に五感を刺激されて、体全体で体感している。

ペダルの重さに大地のうねりを感じ、肌で、太陽の熱と、澄み切った空気の冷たさを感じ、肺と足の披露の速さにその高度を感じる。ハンドル握る腕で自転車の振動を感じる。

d0043372_22212667.jpg


目に入るものは群青の空、不毛の山の頂を隠す純白の雪、空を漂うやっぱり純白の雲、そして見分けようと思えば1000をも越す大地の色、山の色。そして目の前に続く道。

しかし、劇的な視覚への刺激は湖の存在。

峠を越えたとき、もしくは山を回りこんだとき、突然現れる湖の美しさにはいつもハッとさせられる。

正確な地図は持っていない、どこに湖が潜んでいるかわからないから、その存在に突然ぶち当たったときに本当に息を呑むような驚きと、その鮮やかなターコイズブルーだったり、エメラルドグリーンの豊かにたたえられた水に涙が出てくるような感動を覚える。時に湖は空を切り取ったような群青色であったりもする。

d0043372_2225811.jpg
Photo: Beat Heim


湖ははじめ目の前に現れたときから、見る間に、これは自分が動いているからに他ならないのだろうが、その色を変え、たたずまいを変え、透明度を変えていく。

はじめは目の覚めるようなターコイズブルーだった湖は太陽の光を反射してだんだんと銀色に輝きだし、次第に対岸にそびえる山とその頂の雪をその水面に映し出す。そして湖のほとりまで来るとほんのりと淡く緑に色づいた水は澄んで、底をはっきりとのぞくことができる。

走れば走るほどに千差万別の景色が通り過ぎていく。景色を見ているのではない、体感しているのである。

肌で温度を感じて、風を感じて、光を感じて、熱を感じて、空気を感じて、
目で、青を見て、黒を見て、白を見て、碧を見て、藍を見て、茶を見て、赤を見て、黄を見て、
耳で、 風を聞いて、砂の飛ぶ音を聞いて、虫の鳴き声を聞いて、沢のせせらぎを聞いて、
鼻で・・・感じるにおいって。何だっただろうか。しかし、入ってくる空気の爽快さは感じ取れた。
舌で、さすがに味わうものはなかったけど。

とにかく、17日間。朝から晩まで、チベットを、いや、どこでもいい、名前なんて、5000mを挟む高所を体全体で体感し、その雄大さと、爽快さと、寒さと、暑さと、つらさと、快楽を堪能した。

時にわけもわからず涙が出てきた。
世界にこんなところがまだあるのかと・・・・思ったからだろうか。
自然の雄大さにゆれて自分がちっぽけだと・・・・心細くなったのか。
これを体験するためにここに来たんだと・・・・満足したからだろうか。
これこそが自転車の醍醐味だと・・・・喜びをかみしめたからだろうか。


・・・・わからない。
千差万別の体の外の世界に体の中の感情も静寂ではいられなかった。
いや、外側はどこまでも静寂の世界なのだが。

とにかく、私は見たのではない。体全体で感じたのである。

とまあ、1000kmこんな感じでした。
とはいえ、こんなにすばらしい思いばかりではなく、雪に降られたり、大風に吹かれたりもしました。
感想と紫外線のせいか、唇が荒れ果て、口内炎ができたり、目がしょぼしょぼしたり、視界がぼやけたり。
道が悪く振動のせいで、ハンドルを握る手が荒れ果てて皮がむけてぼろぼろになったり、15日くらいシャワーを浴びることができずに髪の毛というものは洗わないでいるとドラゴンボールのサイヤ人みたいになることを知りました。

いまだに口内炎と唇のあれには苦しんでいて、先日、初めて自分でリップクリームなるものを購入してしまいました。
サングラスは持っていたけど、サングラスであの景色にフィルターをかけてしまうのがもったいなくて結局使わずじまいでした。

あんまり長くないけど、かなり考えてかいたので疲れました。
本当はちょっとチャリダーらしく自転車から出る音によって、自転車の状態を知ったり、テントを立てたときのハプニングなんかについても書こうかなって思ったけど、疲れたので今日は寝ます。
また次回。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2007-07-31 01:48 | チベット

中国といえば…筆談!!@アリ(中国:チベット自治区)

今、中国に来てます。

と、いうことはみんな漢字が書けるし読める。ということ?
ウイグルや、チベットの人はだめな人もいるようですが、多くは通じるということか?

漢字倹定4段の私の得意とするところではないですか。

そう思って、カシュガルで早速筆談用に小さなノートとペンを買ってきました。
そしてここまで来る間、数々の人々と筆談で会話しようとがんばってみました。






駄目でした。





実は漢字倹定4段なんて真っ赤なうそで、学校で一番苦手だったのが漢字でした。しかも、塾の先生という仕事をしているときでさえ、よく漢字間違えて生徒に指摘される、とても情けない先生やってました。

どのくらい漢字苦手かって言うと、この間、中国人に首相の名前を聞かれて、
「知ってるよ、アベさんでしょ」って実は下の名前も出てこなかったのですが、ここで、筆談で。と思って、

「阿部」って書いたらその中国人に変な顔されました。
お前、自分の国の主将の名前も知らんのかって、
「安倍晋三」って親切に書いて教えてくれました。

「阿部」と「安倍」、日本では同じように「あべ」って読むけど、中国語では違うみたいで、前者は「あぶ」とかいってました。でも彼にしてみればまったく音も違うし、こいつは何を書いてるんだろうと思ったんでしょうね。
でも「あべ」といって思い浮かぶのは普通前者のほうじゃないですか?あれ、違うかな。
でもとにかく安倍さんが首相になったときはもう日本にいなかったし、実は顔すら思い浮かばないんですけど。

と、このくらい漢字が苦手です。


かくして、私の筆談用ノートはなぜか漢字よりもイラストが多く、ちょっとした指差し会話になっています。でも、そのほうが万国共通だし使えるかもってちょっと思ってます。とはいえ、あんまり絵も上手じゃないので、いつもイラストの下に説明文が書いてあるのですが、それは日本語。ライターの絵の下に「ライター」って日本語で書いても誰もわからないんですけどね。
 
特に難しいのが蚊取り線香の絵でした。
グルグル巻けばいいだけなんですけどね。どっちがどっちわからなくなって、エッシャーのだまし絵みたいになってます。

 
ところで、イエチェンから17日間。走りに走って、ここ、アリまで来たわけですが、走ってる間、暇なので、いろいろと考えます。

今回はこの旅で覚えた便利なテクニックについて、頭の中で整理したので、紹介します。ぜひ使ってみてください

1.ビールの栓の開け方。
お手元のライターをご用意ください。100円ライターがいいです。ライターの底がビールの王冠のちょっと下になるようにして、ライターとビール瓶の口を一緒利き手じゃないほうで握って持ちます。

後は利き手で、一気にてこの原理で、ライターを倒すようにするとあら不思議、スポンとビールの王冠が外れます。

コツは握ってる方の手をしっかり固定することと、ライターを倒すときの速さです。
ぜひお試しあれ。
これで栓を開けると王冠がすごく綺麗に取れるので、王冠を集めていると人には必須の技です。

2.セロハンテープの切り方。
セロハンテープ。あのギザギザの台か金具がついてないと切るの困りますよね。
でも実はこれ、簡単に解決できます。
セロハンテープをビーッと伸ばして、切りたいあたりに歯を当てて、ちょっと噛んで引っ張ると結構簡単に切れるんですよ。

3.強風のときの立ちションの仕方(男性のみ)
強風のときはどこに向かって立ちションをするといいか、いろいろ試した結果。風下に向かって45度の角度でするといいようです。足は90度に開きましょう。特に風下側の足には気をつけてください。風下側の足は必ず風下に向くようにしてください、そうじゃないと最後のほうで雫がかかります。
風下に体を完全に向けてしまうと、風が舞い込んできて、やっぱり最後のほうの雫が体のほうに襲い掛かってくるので、気をつけましょう。

4.ファスナーのスライダーの直し方。
皆さん、ファスナーが壊れて、いくら閉めても閉まらないっていう経験、したことありませんか。
実はあれ、簡単に直すことができるんです。
ファスナーはスライダー(YKKって書いてある金具)を行ったり来たりさせて開けたり閉めたりしますよね。
でもこのスライダーが古くなってくると閉めたはずなのにスライダーの後ろでファスナーがあいてたりします。
これはスライダーが上下に開いてきてしまったせいです。
だからちょっとペンチで、スライダーを閉めなおしてあげるとすぐによくなります。しばらくしたらまた同じようになるんですけどね。何回かはこれでしのげます。
  
 
くだらないことばかり書いて、全然チベットの様子がわからないじゃないか?

そうですよね。まあ、まあ、あせらないでください。
次回、明日か明後日くらいにかなり気合入れて書こうと思ってます。ただし、半端なくすごかったですよ。どこまで表現できるかわかりませんが、がんばって書くつもりです。

ただし、カシュガル~アリ間をバスで行ってしまった方。後悔するかもしれません。バスで行ってしまった方はくれぐれも読まないでください。
(読む場合、相当の覚悟が必要です。)

では、次回をご期待ください。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2007-07-28 21:57 | チベット

セブン デイズ イン チベット@アリ(中国:チベット自治区)

昨日ようやくアリに到着しました。

カーギリックだか、キーガリックをでて、17日。走りに走って、チベットに入ったのが、7日前。
今日で、チベットに入って7日目です。

一人で走っていることが多くて、そんなときにこんなことを考えました。

実は私、関西に縁があまりないようで、関西には修学旅行でいった京都以外行ったことがありません。

そこで、大阪、商いの町、大阪にいつか行ってみたいと思っています。しかもその大阪のコンビニで似非関西弁を駆使して値切ってみるのが夢でした。

しかし、そんな夢が大きく変わる大事件がカシュガルで起きました。

皆さん。「指差し会話帳」ってご存知でしょうか。地元の人とコミュニケーションを図り、意思を伝えたり、旅行の多大な手助けとなる便利なアイテムです。
d0043372_21585915.jpg

旅先で必要となるような簡単なフレーズが日本語とローカルの言葉とイラストつきで載っていて、地元の人に指差し会話帳を見せて、イラスト、フレーズなどを指差すだけで、コミュニケーションが取れてしまうという優れもので、結構バックパッカーなどに人気です。シリーズで、いろんな言葉のバージョンが出版されています。

実はこの「指差し会話帳」に「大阪」だったか「関西」バージョンがあります。
実物を見たわけではないのですが、カシュガルで「中国語」版を持っていた人に借りて、一番後ろのページにシリーズの一覧の中にこの「大阪」だったか「関西」を見つけたのです。
d0043372_222144.jpg

そこで、大阪のコンビニで似非関西弁を使って値切るより、この指差し会話帳で値切って見るのが夢になりました。

まだ実物は見たことありませんが、凡例からこのシリーズには日本語とローカルの言葉が併記されています。

つまりきっと関西弁と標準語、もしかしたらおまけに英語が併記されているかもしれません。

その会話帳を片手に大阪のコンビニのレジで、
「負けてください」と「負けてくれへん」が併記されているところを私が指差します。
すると店員さんがいやな顔をしながら
「できません」と「でけへん」が併記されているところをさします。
そして私が、
「なぜですか?」と「なんでやねん?」が併記されているところ指差したりと。
こんな具合にちょっと大阪に行ったらこの会話帳を使って、心温まる現地の人とのコミュニケーションを図るのが夢になりました。
 
と、実行したら面白いだろうな、って思いながら走っていました。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2007-07-27 16:28 | チベット

カーギリック。あれ、キーガリックだっけ。@カールギリック(中国:新疆ウィグル自治区)

カシュガルを出て3日。

ようやくキーガリック(カーギリックだったかな、なんかどちらもしっくりこない。)に到着しました。
一応ここからチベット方面に行く場合、アリの前で、町といえる町だそうです。
で、そのアリまではまだ1000km以上あって、途中、200kmくらい何もなかったり、5000mを越える峠を越えたりと、かなりここからきつくなるようです。

それにしても、この三日間、というか特に昨日、中国人の優しさに触れて非常に感動しました。

昨日、走っている途中で、後ろから来た車が併走して何か声をかけてきました。
でも私はまったく中国語なんてしゃべれません。
とりあえず、
 「私は日本人です。中国語はわかりません。」
みたいなことを一生懸命覚えたての中国語で言ってみました。
ま、通じたかどうかわかりませんが、車は私を抜かして、行ってしまいました。

こんなことは日常茶飯事ですが、しばらく走るとその車が反対車線で待っているではないですか!?

私が近づいたのを見ると中からなんと子供の顔ほどもあるスイカを抱えた運転手のおじさんが出てきて、食べて行けと言って、切ってくれました。

50kmくらい続いた砂漠の後だったので、ものすごいありがたかったです。お礼を言って、スイカにかぶりつきました。でもさすがに一個全部は食べられなくて、8分の1くらい残してしまいましたが。

さらに10kmくらい進むと小さな村が、さっきのおじさん、そこまで行って買って戻ってきて待っててくれたみたいです。なんか涙でそうでした。

それからさらに20km弱くらい。
ヤルカンド、という町に到着しました。昨日投宿した町です。

中国、インドと同じように結構面倒で、パーミットのない安宿は外人を泊めてはいけないというわけのわからない、どうしようもない決まりがあるようです。

でも高い宿に泊まるわけにもいかず、安い宿にダメ元で入って聞いてみると
 「ここは外人を泊めることはできない。公安に見つかると大変だから」
みたいに一生懸命説明してくれて、どうしようかと困っていると
 「ついてきなさい、案内してあげるから。」
みたいなことを言って、ホテルに案内してくれました。

つれてきてくれたのは3つ星ホテル。もちろん私には手の届かない値段。
またまた困っていると、今度はその大きなホテルのコンシェルジュみたいなちょっと英語の話せる女性が出てきて、
 「どうにかあなたを助けたい」
と言ってくれて、180元のところ、社員割引で、120元でどうかと言ってくれました。
それでも高すぎるので、
 「それでもやっぱり高いです。ほかを探します。」
というと、コンシェルジュは
 「この町で安宿を探すのは難しいわ。どうにかするから待っていて、」
と言って、いろいろ従業員と相談して、ひとつ安めに泊まれそうなホテルを紹介してくれて、一人従業員を案内役につけてくれました。

おかげで60元。まあ、ちょっと高いですが、払える範囲に抑えることができました。

何よりもこんなに親身になって心配してくれる人たちに会ったのは初めてです。
インドのときなんか、
 「フル」
その一言で、何の説明も、助言もなく、ほぼ門前払い、ぜんぜん助けようともしない人たちばかりに人間なんてこんなものだろうかと思っていたところなので、人間不信がちょっと解消されました。

やっぱり困っている人を放っておかないのが、本当に親切な人だと思いました。
何でそんなにみんな中国人を嫌うんだろう。

しかも親切にしてくれる人の多くは漢民族の人です。シンジャンはウイグルの人も多いけど、なんとなく漢民族の人のほうが親切に感じます。

今のところ、中国人の印象、至極いいんですけど。

明日は洗濯と水とか、これから必要な食料の買出しです。

さ、気合入れて、チベット超え。
死なない程度にがんばります。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2007-07-09 00:17 | 中国1

本当。もう出ますから。@カシュガル(中国:新疆ウィグル自治区)

まだカシュガルです。

カシュガル居心地良すぎです。
食事、おいしすぎです。
泊まってる部屋も良すぎです。

これからチベットに行くというのにこんなにここが居心地いいとなかなか出れなくて困っています。

大体、たったの30元(約450円)のドミトリーで、テレビついてます。エアコンついてます。湯沸かし器も、電話もついてます。そしてなんといってもうれしいのがバスタブがついています。栓はないけど、自分で風呂の栓は持ち歩いているので、ここにいる限り、毎日お風呂に入れます。しかもお湯は惜しげもなくじゃんじゃん出てきます。

そして、鍵はなんとカードキーです。
カードをさすと、ピッと音がして、開錠されます。
扉がスムーズに開閉することすらなかなかかなわない国にいたので、それだけでもびっくりです。

食事。
もうなに食べてもおいしいです。

まず、ビール。

小籠包

そして、ビール

餃子

また、ビール

ラグ面

それから、ビール

炒飯

もういちど、ビール

チンジャオロース

ここでも、ビール

ホイコーロー

やっぱり、ビール

マーボー豆腐

辛いものには、ビール

マーボーナス

なすには、ビール

火鍋

みんなで、ビール

だって、食べ放題みたいな定食で、たったの五元(約75円)、峠ひとつ越えた向こう側なんて、50ルピー(約100円)で、人を馬鹿にしてるのかと思うような小皿にカレーに浮いた小さな肉が2,3かけら。

中国、素晴らしい。

牛肉も、鶏肉も、羊も、豚も、思う存分食べられて、安い。
栄養のバランスも考えられていて、付け合せの野菜も豊富。

スーパーにいって驚きました。

きのこだけでも、エリンギ、しいたけ、なめこ?きくらげ、日本のものとはちょっと違うのかもしれませんが、5種類くらい軽く見つかります。たけのこが売ってるのにも感動したし、レンコンを見たのは3年ぶりではないでしょうか。

インスタントラーメン、お菓子、スナックの類も種類が豊富で、ほとんど自国の商品。つまり輸入物ではないので安い。これでもかというほどいろんなものがおいてあります。多分日本のまねして作ったんだろうなっていうのも多いですが、それだから、つまり、日本と同じくらい、ひょっとするとそれ以上に種類はあります。

カシュガルにきて、まず最初に買ったたった一個のカップラーメンが、一週間消費できませんでした。インスタントラーメンも、カップがつくと今まではやったら高かったのですが、ここではカップラーメンもたったの3元(約45円)袋のラーメンにいたっては、1元(約15円)以下。

今まではマギーとか、クノールのなんかラーメンのこと勘違いしてませんか、って言うようなインスタントラーメンしか手に入らなかったのに、そんなものですら、今まではご馳走だったのに、中国に入ったら、ぜんぜんクオリティーもあがって、バリエーションも増えたのに、ぜんぜん食べる気になりません。だって、そこら辺の食堂や屋台で食べたほうが、ぜんぜん手が込んでいておいしいから。

今までは食べ物を探して、何とかまともな食事にありつこうと四苦八苦して、食事をすることが面倒で面倒で仕方がなかったのに、今では一日3食しか食べられないのがもどかしいくらいです。もっと胃袋が大きければよかったのに、って本気で思っています。1日5食ぐらい食べたいです。

ハンバーガーショップ。ここにもあります。マクドナルドや、バーガーキングといった、外資系のメジャーどころではありませんが、ベストバーガーという、どうも中国国産のバーガーチェーン店のようです。

今までだったら、大きな街に来たときの楽しみの一つだった、バーガーショップ。行ってません。ここでハンバーガーのために一食費やすことはあまりにももったいないです。

本当にカシュガル。おいしい。

街もきれいで、車の数も少なく、歩道も整備されていて歩きやすいです。
ただ、歩道に自動車が走ってくることがよくあって、それはやめてほしいですが。

ごみのポイ捨て、しません。

ポップスがかかってます。
なんかほっとします。
変な民俗音楽みたいなの、大音響でかけられてもいつも私にはうるさいだけでした。
BGM程度の音量で、ポップスが流れていることがこんなに落ち着くことだということに気がつきました。

町ゆく人が思い思いの格好をしています。
誰かに統制されたようにみんな同じ服を着ていたこれまでの国に比べて、何か自由を感じます。
選択肢があるということに幸せを感じます。そして人民がその自由を享受していること。
今までは宗教のせいなのか、文化のせいなのか知りませんが、男の服はこれ、女の服はこれとほとんど決められた様式の服しか身に着けない人々に囲まれていて、なんとなく圧迫感を感じていたのですが、自由な服装をしている人たちを見るとなぜかほっとします。
まあ、これは日本と服装が似ているせいかもしれませんが。

ベストバーガーで気取って食べている人がいません。
マクドナルドやバーガーキングやら、サブウェイに行くとインド人、パキスタン人、エジプト人、かなり気取ってます。格好がすごいです、英語で話し出したりします。なんかカジュアルじゃありません。
そんなマックに入ると店員にちょっと胡散臭そうに見られます。

日本人はマクドナルドごときで気取らないんだよ。

ってところを見せ付けるためにジュースだけ頼んで粘ってるようなけちな客を横目に一番高いセットを買って、アイスクリームまで頼んだりしたこともあります。

そうすると店員の態度がころっと変わって面白いです。

でもここではベストバーガーに入ってる人は家族だったり、中学生くらいの女の子のグループだったり、全然気取った感じもなくハンバーガーをぱくついている姿を見るだけで、なぜかほっとします。

そして、顔。

とうとう、東洋人の顔に囲まれることになりました。

この旅行のはじめ、アフリカは真っ黒な顔をした人しかいませんでした。
白人も東洋人も、アラブ人も、ちょっとでも白いと目だって仕方がありませんでした。

アフリカを抜けて、なんとなく白い顔に囲まれるようになって、ああ、少し近づいたなって、思っていましたが、やっぱり顔が濃くて、ちょっと暑苦しかったです。

で、ここカシュガルにくると漢民族を多く見ます。ほとんど日本人と変わりません。

アフリカを抜けて、白い顔にかまれるようになったときはちょっと違和感がありましたが、今度、東洋人の顔に囲まれてみると、なんとなくほっとします。

まあ、日本人に似ている顔だし、しぐさや、照れ笑いもなんとなく理解できるし、その表情から、心理を多少察することもできるからでしょう。

しかも、結構親切な人多いです。

中国、いろいろ言われているけど、なんかこんなに褒めちぎってるの私だけのような気がします。
カシュガルだけ特別なんでしょうか?
旅を続けるとまたいろいろ不満も出てくると思いますが、本当にここを出るのが惜しいです。

これからチベット、つらいってわかってるだけあって、ついついだらだらしてしまいます。

いや、いや、もう出ますよ。明日、明後日には。
[PR]
by fuji_akiyuki | 2007-07-03 19:51 | 中国1