鍋敷の必要性についての考察

キッチンをゲストに開放している宿で料理をして、さあ食べようって時にだいたい鍋敷が見当たりません。
実は私はあんまり鍋敷を必要だと思ってないんですね。
うーん無いのか、じゃあ鍋敷無しでも良いかと机に直接鍋やらフライパンを置いて食べちゃうんですけど、この時に運悪く宿の人に見つかると慌ててダメだダメだとかいってどっからか鍋敷なり、木の板なり、まな板なんかを持ってきます。

ま、そこで初めて、なんだ、あるんじゃん、ってことになるんですけど。

でもですね。鍋敷って何のために使うんですかね。

テーブルが焦げないため?
このためならまず大体においてその心配はないと思うんですよ。
だって、鍋の中身って大体100度位までしか上がらないはずだから。

料亭(行ったことないけど)とか、修学旅行とかで旅館に行ったりすると、紙鍋って出てくるじゃないですか。
お盆の左向こうの方でお吸物とか、ちょっとした汁物が入ってるやつです。
下で固形燃料が燃えているにもかかわらず、不思議と紙の器は燃えませんよね。

これはつまり、器に入った汁物は言ってもほとんどが水で、水は100度までしか上がらないし、紙は100度じゃ燃えもしないし焦げもしないですよね。

同じ理屈で鍋の中身はだいたい水分を含み、それが沸騰している間は100度くらいまでしか上がってないから鍋自体も100度くらいまでしかいってないはずなんですよ。

フライパンの炒め物にしても、お酒や醤油を入れて汁が少しでも溜まるようなら100度くらいまでしか上がってないはずなんですよね。

だからそれでいたんだり、焦げたりする机はそうないんじゃないかって思うんですね。

ちょっと怖いのがプラスチック製だったり、ナイロン性のクロスが敷いてある時なんですけどね。
それでもまあそこにグラグラ沸騰したお湯を、例えば、沸かしたばかりの薬缶を持ってきて、カップに入れそこねてこぼしたとして、プラスチック性の机やクロスは熔けるのか?

これやっぱり大丈夫なんですよね、大体の場合。

じゃあ、どんな時がやばいかっていうと、例えばステーキを焼いた鉄板とか、この間思ったのは、ポップコーンを作った鍋なんかはやばいと思うんですよ。中に水を含まない場合は結構温度が上がるはずなんですね。
それとか、揚げ油の鍋とか、まあふつうこれを机に置く人はいないですけど。

あと、土鍋を使った場合、もしかすると鍋敷は必要かもしれません。って思い当たりました。
そう思って想像してみると土鍋には鍋敷がよく似合うと思いませんか?

土鍋は金属に比べて熱伝導率も悪いし、器全体に厚みがあるので火にかかっていた外側と中身に接してる内側との間に大きな温度差が生じる可能性があるんですね。

つまり、内側が100度でも外側はもっともっと熱くなる可能性があるってことです。
そして、その温度差は熱伝導率が低いので、鍋の温度がなかなか均一にならず外側が熱いまま食卓に置かれる心配があるわけです。


で、いろいろ料理をして、ああ、この鍋を置いたらやばいなって思うケースって結構少ないと思ったんですよ。

じゃあ鍋敷ってほかになんのために敷くんだろう?
って考えると、あとは机が汚れないため、くらいしか思いつかないんですけど。

たしかに鍋が吹こぼれた場合とか、鍋の底に焦げとかついてるかもしれないから鍋敷があればその部分の汚れは防げるんですけどね、でもまあ食事をしてると、必ず食べこぼしとかもするし、結局最後に机を拭かなきゃならないからやっぱりなくてもいい気がするわけです。

鍋敷ってどの程度必要なんでしょう?
[PR]
# by fuji_akiyuki | 2011-01-24 13:10 | チリ・アルゼンチン

ダイエット大作戦!!

で、番組ではスタジオで体重測定をして目標を達成できてるかどうか発表するみたいなやつです。
この手の番組って世界中にあるみたいで、いろんな国でやってたんですが、
そんな番組がアルゼンチンにもあって、事件の前日。1月3日に見たんですけどね。
いや、ものすご人たちばっかり出てくるんですよ、130kgとか可愛い方で、190kgとか200kgとか、取んでもないんですよ。

で、スタジオで体重測るだけじゃ芸もないし、時間も埋められないので、ほかにもいろんなコーナーがあったんですね。まあ、どんなことやってるのかはスペイン語だったから良く分かんなかったんですけど。
でも、新年だから、各地からの中継をして、新年の挨拶とかやってるのが多かったみたいなんですけど。

そんなコーナーの一つに"こうしたらやせるダイエットメニュー"みたいなコーナーがあったんですよね。

確かにね、食事の内容は量も少なくて野菜中心でしたよ。でもね。


それ絶対にやせない!!断言してもいい。
そんなんだから肥るんだって!!

1日6食喰ってやせようなんてちょっと虫がよすぎるでしょ!!
[PR]
# by fuji_akiyuki | 2011-01-23 03:35 | チリ・アルゼンチン

16 日目。2度目の診察。

事件から16日目にしてようやく2度目の診察にこぎつけることができました。
私としては事件当日に受けた治療によって位置を直した骨が再びズレたりしてないかどうかが気になってた訳ですよ。
事件当日に担当してくれた医師が言うには、もし骨がズレていればなるべく早く手術をしなければ治ってもうまく指が動かなくなるということだったので、さっさとレントゲンを撮ってズレてないことを確認して安心したかったわけですよ。

でも事件後、なんだか良く分からずに、言われるままに何度も病院には通ったのに1度も診察を受けることができず、16日も待たされ、もうこんなにたって骨がズレてたってもう治療も手術もしようがないんじゃないかってちょっと心配していました。

レントゲンの結果がよければそれは杞憂に終わるし、悪ければ不具になった右手と一生付き合う覚悟をしなければなりません。どの程度の障害が残るか分かりませんが、程度によっては自転車にも乗れなくなるかもしれないし、もう旅も続けられないかもしれません。それどころかもう一生ギターも弾けなくなってクライミングも出来なくなるかもしれません。
そんなことを考えては暗澹たる気持ちになってました。

で、今日はようやく10日前に診察の予約を取ることができて病院に行ってきました。

朝一番に時間まで指定されて行ったにもかかわらず、2時間またされて何度かバカバカしくなって帰ろうかとすら思ったころ、ようやく呼び出されてやってくれたのはテープの巻き直しだけでした。そして出てきた医者はこの間の医者に比べると随分と愚鈍な感じのバカ面した若い男で、事件当日の、治療前無残に折れて完全に骨の位置のおかしいレントゲン写真を出してきて"うん、折れてるね"の一言。

これは診察じゃない。ダメだこりゃって冗談じゃなく思いました。

英語も喋られないバカ面にダメ元でもどうにか身ぶり手振りでレントゲンを取ってくれということを伝えると、なんか紙に書いて渡してくれました。

またメモです。何が書いてあるのか分からないメモを手に、どこに行けば良いのかも分からず、あっちこっち彷徨い歩いて病院のスタッフらしい人を見つけてはメモを見せて自分の行くべき場所を教えてもらわなければなりません。

なんか目隠しして盥回しにされてるみたいな感じです。

で、ようやく辿り着いたレントゲンの受け付けみたいな所にメモを渡すと今度は夕方5時に来いって言われました。

16日に比べれば半日は短いのでここまで待ったし折角だからと思って、もう一度夕方に病院に行きました。

レントゲンは思った以上に早く撮ってくれて、診察を待てということでした。
なんか試験の結果を待つような気持ちでした。この結果で今後の人生が変わってきます。もう診察なんてしてもらわなくても良いからとにかくさっさとレントゲン写真を見せてもらいたい気持ちでした。

でも見せてくれと言ってもそれはやっぱり医師の診断とともにことみたいで診察をまたされました。

30分くらいであのバカ面に呼ばれて、パソコンの画面に今撮った写真が呼び出されて、事件当日の治療直後に見たように奇麗な骨の写真が映し出されていました。

人指し指を上と横から取ったもので、横から取った写真ではどこが折れてるのか分からないくらいでした。上から取った写真には確かに骨に亀裂が見て取れますが、それはぴったり嵌ったパズルのピースのようにきれいに切断面が合わさっているようでした。

16日間ずれなかったものは転んで手でもつかない限り流石にもうずれたりしないだろうとちょっと安心しました。

バカ面は画面を見て私に向き直り、笑顔でもなく、無表情というよりむしろほうけたような顔で、親指を立ててきました。

あんなに完ぺきに折れてたレントゲンを見て今の写真を見てもなんにも思わないのかなこの人?それとも事件当時に施されたような治療は想像に難くないってことなんだろうか?あの顔と朝の診察から何かを想像や想定できるようにはどうしても思えないんですけどね。

とりあえず私の指は順調に回復向かっていると信じられそうです。
ということでひとりで祝杯を上げました。

めでたしめでたし。
[PR]
# by fuji_akiyuki | 2011-01-21 14:19 | チリ・アルゼンチン

ビール2リットルとワイン1リットル

いま、酢豚を作ってみたんですけど、これが自慢したいくらいおいしくできたんですよ。
近年まれにみる会心の出来でした。ああ、美味しかった。
片手だし、手伝ってくれる人もいなかったので、野菜を炒めて味付けをして、片栗粉でとろみをつけるのと、豚肉に片栗粉をまぶして油で揚げるのを同時にできなかったので、うまく行くか心配だったのですが、今日の酢豚は大成功でした。

どうやって作るか知りたいですか?

でも今回はその話はあんまり関係ないのでまた今度ということで。
私、いま、悩んでるんです。
持て余す時間をどうしたらいいのか、眠れない夜をどうやり過ごせばいいのか。
もともと寝付きが悪いんです、多分これだけはだれにも負けないってくらい。

走ってる時でさえ全然眠れないんです。例えば夕方に宿について十分に疲れていたとしても、夜中に起きたらもう絶対眠れないんです。
2時とか、3時に起きると5時か6時まで、絶対眠れないんです。走って疲れて宿についた途端に1時間くらいうたた寝をしてしまったりすると悲劇です。
もう夜はどんなに寝ようと努力しても、朝方まで眠れなくなっちゃうんです。

走っていてもそんななのに、動けない状態で疲れることもなく夜になっても全然寝られないんですよね。

日本人もいないし、散歩しようにもメンドーサの町にはまったく魅力を感じないし、シエスタだ、日曜日だといってはゴーストタウン化するから、散歩のできる時間も厳しく制限されているんですよ。

でも、外人と英語で話すのも煩わしいだけで面白くないんですよね。

だからね、どんな1日なのかちょっと説明しますね。

朝、大体9時とか10時に起きるんですよ。
で、寝起きは空きっ腹なのでチャンスなんです。すきっ腹ならビール一本で十分眠くなるほどは酔えるので、とにかく近くの商店にビールを買いにいきます。
ちなみにこの間書いた(アルゼンチン人は赤ワインがお好き http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1658393678&owner_id=4174787)近所のワインの安いスーパーにはやったら高いハイネケンとバドワイザーしか売ってないので、そこをすぎて50mほど行った商店まで行きます。

何せやることがないんでどうにか時間を潰さなきゃならないんです。

朝から空きっ腹にビールを流し込むとちょっと気持ち良くなって眠ることができます。

これでどうにか2、3時間は時間が稼げます。

12時とか、1時くらいにノロノロと起き出したときにはとんでもなくお腹が空いているので、お昼を作ります。
大体肉と野菜をしょうゆと砂糖と味の素で炒めます。

この時お昼を食べながらビールをもう一本飲みます。アルゼンチンのビールは1本970mlなので、ほぼ1リットルです。

ここからが辛いんです。この時点でもう眠くもなくなってるし、かといってシエスタとかふざけたことやってるから街を散歩しても全く面白くありません。
アルゼンチンに入ってから、このシエスタのせいか、どこの町に行っても活気とか勢いとか元気とか、町が生きてるって全然感じないんですよね。
どこもゴーストタウンみたいで、車だけがやたらと走ってる感じなんですよね。全くどこに行っても町に魅力がありません。
メンドーサは、ちょっと大きな街なので、もう少し活気のある生き生きとした町を期待していたのに、全然期待はずれでした。
時間帯と場所によっては多少の賑わいを見せるところもあることはあるんですけど、日本の田舎の中学校の文化祭の方がよっぽど盛り上がってるくらいです。

シエスタは午後1時位から徐々に店が閉まり始めて、午後2時にはほぼ全部の店がシャッターを下ろします。それから次に店が開くのは7時、夕方です。
つまり午後はほぼ全く店が開いてない状態になります。
メンドーサはさすがにもう少し経済活動が活発らしくて、5時位から営業を再開する店もあるようです。
ただ、そのシエスタの時間帯はメンドーサでもほとんどゴーストタウンと化し、迂闊に外を歩けば強盗に遭いかねないくらい閑散としています。
実際その時間帯にメンドーサで強盗にあった人もいるそうです。

だから、お昼を食べてから、次に店が開く5時、6時くらいまで退屈に耐えなければなりません。

この時間を使ってわたしは読書をしたり、宿のパソコンを使ってどうでもいい日記を書いたりします。

5時か6時頃になったら件のスーパーにワインを買いに行きます。
夕飯は食べたり食べなかったりで、7時か8時頃からワインを飲み出して、1時間くらいかけて1リットルを飲み干すと、完全に酔払って眠ることができます。
ワイン1リットルは私にとって、だいたいどんな状態でも、結構酔っ払うけど、絶対に寝ゲロはしない量で、記憶は所々欠落するけど、飲んでる時は意識がしっかりしている位の量なので、寝るために飲むなら最適で、紙パック自体が1リットルなので、調子に乗って飲み過ぎることもない(南アフリカで5リットル入りのワインを買った時は調子に乗って半分以上飲んでしまって寝ゲロしました)と言う最適の量なのです。

これで、9時か10時か11時くらいに就寝します。
でも絶対にそれでめでたしめでたしってわけには行かないんです。
よった夜は必ず3、4時間で起きてしまうんですよね。

ここ一週間くらいは毎日午前1時、2時に目が覚めてしまいまた。
そこで退屈と空腹に耐えます。宿のキッチンは11時に閉まるのでもう何も食べられないし、お酒も飲めません。
朝まで眠れたらめでたいんですけど、1時、2時からキッチンの開く7時30分を何度も何度も時計を見ながら、あと5時間、あと4時間半なんてカウントしながら毎晩毎晩退屈と空腹に耐えます。

でもなぜかあともう少しというところで眠りに落ちてしまうのです。
5時か6時頃でしょうか、眠りに落ちて、次に目覚めるのは9時か10時ごろでまずビールを買いに行ってまた同じ1日が始まります。


こうして、毎日ミニマムビール2リットルとワイン1リットルをせっせと消費してどうにか日々を送ってるわけです。
こう言うのもアルコール依存症なんでしょうかね?

ちょっと傷の回復に影響しないかどうかが気になる今日このごろ皆様いかがお過ごしでしょうか?
[PR]
# by fuji_akiyuki | 2011-01-20 02:47 | チリ・アルゼンチン

おいしいご飯の炊き方と鍋敷の必要性に対する考察。

炊飯機などない国では鍋でご飯を炊くことになるんですが。。。
なかなか日本では鍋でご飯を炊くなんてことないですよね。
私は大学時代にサイクリングクラブっていう書いて字の如く夏場は毎週土日にサイクリングして一泊キャンプをして、帰ってくるという生活をしていたので、鍋でご飯を炊くのは日常茶飯事でした。
だれかの家に集まって鍋などをする場合も、一人暮らしの学生が持ってる炊飯機などせいぜい3合とかしか炊けないのでそんな時もキャンプの経験を生かして大きな鍋で大量にご飯を炊いたりしてました。

ご飯なんて簡単にいえば、米がふやけて柔らかくなるまで茹でてしまえば良いってことなんですが。
とは言っても決してゆでたりはしませんが。。。

鍋に米と水を入れて火にかけて沸騰してから炊きあがるまでにコメに吸われたり、蒸発して水がちょうどなくなればまあいいわけですよ簡単に言ってしまえば。

で、だいたいその水の量が米の1.2倍とか1.4倍とか言われますが、鍋が寸胴な形(そこが平らで、下から上まで径の変わらないもの)をしている場合、米と水を入れた時に鍋底から水面までの高さが下にたまった米の鍋底からの高さの2倍になるようにするとまあ大体うまい具合にいきます。

私はちょっと硬めが好きなので、日本で炊く時は気持ち水の量を減らすのですが、これを外国のお米でやると大体失敗します。どちらかというと気持ち多めの方がいいみたいです。

ちなみに水が少ないと芯が残って、水が多いとベチャになります。

あとは火にかけて炊くだけですが、最初は強火でさっさと沸騰させて(フタしてると噴いてくるので分かります。)しまって後はこれ以上できないくらいの弱火で水がなくなるまでボコボコさせればまあ、だいたい炊けます。沸騰してから炊きあがるまで15分ほどが目安です。
水がなくなるとボコボコって音がしなくなって、さらに放っておくと焦げたにおいがしてきます。焦げたにおいがしてきてもすぐに丸焦げになってるわけじゃないので心配しなくても大丈夫です。
鍋の中が沸騰しているのかどうか分からなかったらちょっと強火にしてみるとよく分かります。

噴いてからボコボコがなくなるまで15分以下だと芯が残ってる可能性があります。


で、この弱火が結構難しくって、特に海外のガスレンジだとなかなかうまく弱くなってくれないんですね。
それで最近あみ出した技は、噴いたら火を止めてしまう。そしてしばらく放置。で、もう一回弱火にかけてみるって方法で、これが結構うまく炊けます。

最後のポイントは炊きあがってもすぐにフタを取らない。まあ、蒸らしです。
これで、多少の芯は解消されるし、底の方が多少焦げていてもふやけて鍋にこびりつかないんですよね。

ま、ちょっと鍋でご飯でも炊いてみようと思う方はお試しあれ。。。


あと、鍋敷きに関してですが、最近これは本当に必要なんだろうかと、よく思うのですが、ちょっと長くなって疲れてきたので今日はこの辺にしておいて、鍋敷きの必要性に対する考察についてはまた次回以降ということで。


じゃ、最初からタイトルに入れるなって感じですよね。
[PR]
# by fuji_akiyuki | 2011-01-18 03:43 | チリ・アルゼンチン