人気ブログランキング |

コレはちょっと反則では?@ルサカ(ザンビア)

 誰でも自転車に乗っている人がわざわざ自転車を降りて車を止めれば何か故障でも
したかと思うでしょう。

 ルサカからリビングストーンまで約500km滝を見るだけのつもりだったから、リビ
ングストーンの町を出て、向かい風を受けて上り坂を登るとどうしようもなく嫌に
なってしまいました。ピストンになるのだからはじめからここに自転車を置かせても
らってバスで行けばよかったものを、どうしても走ってみたくていったはいいけど、
やはり帰りはあまりにも退屈で、、、

 それも行きはくだりが多く、さらに追い風、帰りは上り調子で向かい風、その上3
日前に走った道ときているわけで、ヒッチハイクを心に決めました。

 といっても幹線道路を猛スピードで気持ちよくかっ飛ばしている車が一旅行者の為
に止まってくれることはまれで、途中であった旅行者もヒッチハイクをするならガソ
リンスタンドでするのが基本といっていたので、自転車で走っている途中で車を止め
ることが出来るのかどうか不安でした。それも私は自転車つき、乗れる車も限られて
きます。狙いはピックアップと呼ばれる車の後ろ半分が荷台になっているタイプの
車、コレが結構前から見ると後ろが荷台なのか、ランドクルーザーやパジェロのよう
に箱が着いていて座席になっているタイプなのか区別がつきにくいのです。

 とりあえず疑わしきはサインを送ってみよう。と言う作戦で、自転車で走りながら
後ろを気にして、車の待つのを待ちます。これがまたなかなか来ません。20km、1時
間以上走って、バス2台、ダンプ2台、トラック1台、乗用車3,4台。この辺りは自転車
を乗せることが出来ないのでヒッチハイクの対象外。トラックはものにもよるのです
が、ただ1台通り過ぎたのはトラックと呼ぶには少し大きめで、荷台までが高いので
自転車を上げることが出来ないので却下です。
 で、狙いのピックアップ型は5台ほど通りました。そのうち2台は荷台に他のヒッチ
ハイカーが満載しているものと積荷が満載だったので止まってくれても乗ることは出
来ませんでした。つまり、1時間で3台が自転車ともども乗れそうな車だったのです
が、その3台目で見事ヒッチハイク成功です。

 まあちょっと人騒がせな話かもしれません。わざわざ自転車を止めて車にサインを
送るものだから運転手側から見れば何かトラブルでものあったのかと思うのかもしれ
ません。実はこの車を止める前にも対向車線を走る車がわざわざ引き返してくれて”
どうしたのか”と聞いてきてくれたことがあるくらいです。
 まあ止まってしまえばこちらのもので、後は行き先を聞いて乗せてくれと頼むだけ
です。そんなわけで実は自転車を持っているとヒッチハイクの成功率は意外に高いの
ではないかと思ったほどです。

 で、私を乗せてくれたのは警察官らしかったのですが、運転手の男(エディ)と、
その奥さんと子供(1歳)、それにどうも同僚の婦警さんらしく、私服でしたが、警察
の話しをしていたようです。とてもいい人たちだったのですが、窓からごみは捨てる
し、途中休憩によったバーで私は運転手に遠慮してコカコーラを注文したら二人の女
性はビールを飲み、何と運転手のエディはウィスキーの水割りを飲む始末。おいおい
大丈夫かこの車。と思いつつも乗せてもらっている立場で説教をぶつわけにもいか
ず。挙句の果てには1歳の男の子にビールを飲ませてしまう。それはいくらなんでも
まずいだろうと思ってみていると、何とその子も美味しそうにビールを飲んで、、、
何か間違っている!!! さらにエディは水割りを飲ませてしまいました。流石にこれ
は1歳の男の子にはちょっと無理なようでしたが。

 警察がこれでは交通事故はなくならないなと思った一日でした。エディはいい人
だったのですが。

と言うわけで今はルサカに戻ってきています。今日朝早速すりに遭いました。盗られ
たのは胸ポケットに入れておいた封筒。何も入ってなかったので”落としたよ”と
いって返してくれましたが、封筒は落ちないようにちょうど胸ポケットに突っかかる
サイズに折りたたんでいたので取られたことは疑いがないのですが。。。ルサカ、結
構気をつけなければならないようです。
by fuji_akiyuki | 2005-08-10 21:02 | ザンビア
<< 九死に一生@リロングウェ(マラウィ) "生きている石?&q... >>