人気ブログランキング |

脳みそが鼻から出てくる!?@イリンガ(タンザニア)

昨日イリンガという町に着きました。

ムベヤからここまで約340kmほどなのですが、なんと8日もかかってしまいました。
実はムベヤを出て2日目のマカンバコという町で体調を崩して4日間も寝込んでいました。

ムベヤを出てその日から少し熱っぽいなと思いつつまあ大丈夫だろうとあまり気にもせず走り始めたのですが、その日の夜疲れたのか熱っぽくだるかったのでゆっくり寝ることにしました。

2日目、朝はまたちょっと調子が良くなっていたのでまた走ってしまうとその日は向かい風でほとんど1日中上り、マカンバコに着いたときには憔悴しきって熱も出て、これはいかんと思い調子が悪ければ明日は1日休む覚悟でゆっくり寝ることにしました。

マカンバコに着いたその日は疲れと熱の方が気になって気づかなかったのですが、次の日の朝、起きてもやはりまだだるいので今日はここで1日休もうと思って寝ているとどうも歯が痛むことに気づきました。
左の上の奥歯、…歯というより歯の上、歯ぐき??頬?が痛む。
よく探ってみると左の鼻外側から頬にかけてと左目の奥が痛むのです????
いったい何が起こっているのだろう????

そして鼻をかむと左の鼻の穴からタイのイエローカレーのような見たこともない真黄色な鼻水が・・・。
「ああきっと脳みそが融けて出てきてるんだ!もう死ぬのかな?」
そんなわけあるはずもないのに気分が滅入ってる時は考えが悪い方に悪い方に行くもので死の宣告を受けた患者のように凹んでいるところにホテルのスタッフがいきなりドアーを叩いてきました。

ドンドンドン
「 =+? #$%&$^$ R%#**( %)(_{)%$# 」
何言ってるかわかんないよ、チェックアウト?
…9時前、チェックアウトにしては早すぎるし。

ドンドンドン
「%*%$#m #Y%&*I^$ #%YG^I&&%?? 」
ここは全くといっていいほど英語が通じないのです。そして私にはスワヒリ語は通じないのです。

「I don't understand you! What do you want?」
「@^$%@ ^#$@#$%$ %$^@$$@^*$??」
う~ん会話にならない。無視!!

しばらくして諦めたのかスタッフはどこかに行ってしまったようですが、その間も黄色い鼻水は止まりません。病院に行ったって英語ですらこんな症状説明できないし、ましてやスワヒリ語では、と思っているとどこからか英語のできる人を連れてきたらしく
「部屋を掃除したいから出て欲しい」
という内容のことを言われました。
まだ9時前だよ?そうも思ったのですが喧嘩する気もなかったので
「今日は体調が悪い、1日寝てたいからほっといてくれ宿代は後で払いに行くよ。」
という内容のことを伝えると引き取って行ってくれました。

それからはこのわけのわからない病気との闘いで、毎日大量の鼻水が出て1日にトイレットロールが1本なくなる始末。左顔面の痛みはだんだん和らいではいるものの、鼻の横だけやけに痛みが増してきます。


寝込んで3日目の朝、先の英語をしゃべれるスタッフが病院が近くにあるから行ってはどうだと誘ってくれたのですが、アフリカの病院はなかなか信用できず、バマコの時のように大して診察もせずに処方箋だけ持たされて追い出された例もあるし、ガーナでもわけのわからない血液検査をされているし、様子を見てなるべく病院には行かない方針で彼の提案を丁重にお断りしました。それでも気遣ってくれたのはありがたかったです。

とにかくマカンバコ5日目、鼻の横が痛むのは鼻のかみすぎだということが判明しました。何で黄色い鼻水が出るのかはわかりませんが、とにかくあまり鼻をかまなければあまり痛まないことがわかり、それからはなるべく鼻をかまず、かと言って啜らず(啜るとバマコの二の舞になるので)どうしても鼻をかみたい時はやさしくかむように努めているとその日の午後にはかなり痛みもなくなり、マカンバコ5泊でようやく走れるようになり、やっとここイリンガに到着したしだいです。

マカンバコには5泊中4日間はほとんど寝て過ごしました。マカンバコには冷たいビールもなく、なぜか冷蔵庫があってもコーラは冷やしてもビールは冷やさないというちょっとわけのわからない町、何の楽しみもなく、特に食事が単調でどんどん食欲を失っていくのが辛かったです。

ここイリンガは大通りから外れること3kmずっと登るのですが、着いてみると結構大きな町で、実は気に入ってます。またここには筍ビールがあるということなのですが、探してみようと思います。

それにしても病気はもうこりごりです。それも病名もわからないような珍病奇病にばかりかかるのは何故でしょう??

とにかく生きています。

昨日は、朝、私を抜かした大型2両連結のトラックが、30kmほど行ったところで道を塞ぐように派手に横転してました。でも私はとりあえず生きてます。
d0043372_21525618.jpg

by fuji_akiyuki | 2005-10-14 16:39 | マラウィ
<< 近況報告by管理人 タンザニア入国@ムベヤ(タンザニア) >>