人気ブログランキング |

いざマダガスカルへ。@ナイロビ(ケニア)

明日マダガスカルへ飛ぶ予定です。

昨日、チケットをとって、帰りのために東京行きのチケットを予約して、ついでに海外旅行保険に入って、なんだか沢山お金が飛んでいきました。

東京行きのチケット?もしかしてもう帰るの?

はい、4月1日の便で成田に向かいます。・・・・なんちゃって。
実は国によって狂気の沙汰としか思えないのですが、”空路で入る場合にのみ限りその国から出るためのエアチケットがないと入国できない”という分けの分からないルールがある時があります。いくらでも陸路で抜けることが可能なケニアもそんなスットコドッコイなルールを設けてるトチ狂った国の一つです。いや、だったらしいのです。

多分ケニア側はいくらでも陸路で他の国にぬけられる事に気づいてきたらしく最近はケニア側のイミグレでケニア出国のエアチケットを求められることは無くなっているようです。しかし、それだけにケニアの場合は端から見るともっと馬鹿げた現象が見えてくるのです。

ケニア側の入国では今はすでに出国用エアチケットの所有を確認することは無いようなのですが、ケニア行きの便に乗る時にその出国用エアチケットがないと航空会社側がチェックインカウンターで乗せないというルールだけが残っているようで、そのためにその場で他の国に飛ぶチケットを購入させられたりするようです。
つまり、ケニアはもう既に何も言わないのに航空会社のルールだけが昔の悪財として残っているのです。あまりにも愚かしい限りです。

あまりにも馬鹿げていますが、その対策として、わざわざ一回東京行きを予約してその予約券を発行してもらってその場で予約をキャンセルするわけです。そしてその予約券をケニアに帰ってくる時に見せるわけです。

マダガスカルに行ってかえってくるためにケニアとマダガスカルの往復チケットを買って実際に行って来る。
ここまでは至極当然のことですよね。そしてその通りにしているのにそれではだめで、要りもしない航空券を強制的に買わせるような理不尽で馬鹿げたなルールのためにダミーの予約をして人を騙さなければならないのです。全く当然のことをしているハズなのに何かこちらが悪いことをしているような気分になってあまりいい気はしません。
なんでこんな理屈の通らないルールがまかり通っていて、誰一人その理不尽さに気づかないのか不思議で仕方ありません。

しかし、当面の心配は自転車です。自転車があるので乗れるかどうか非常に心配ですが、今まで大丈夫だったので今回も何とかなるでしょう。

マダガスカルはバオバブの木のある島です。アフリカ大陸にある物とはまた違って、マダガスカルにあるのは、地面からほぼてっぺんまでまっすぐな幹が一本突き立っていて上の方でチョロチョロと枝が広がっているという奇妙奇天烈な格好をしています。まるで根が上に生えているようにもみえるので、高くなりすぎたために神様の怒りをかって逆さまに植えられてしまった木などともいわれている神秘的な木です。
d0043372_0079.jpg

実は8年前に南アフリカに行ったのはこのバオバブを見るためでした。そして南アフリカについて初めてこのバオバブは南アフリカに無いということを知りました。
というわけで8年越しの念願がとうとう叶うわけでちょっとわくわくしています。
by fuji_akiyuki | 2006-02-09 22:42 | ケニア1
<< 憧れの島マダガスカル@アンタナ... safariでトラ発見!?@ナ... >>