人気ブログランキング |

エコロジーなインド。@デリー(インド)

ようやくデリーにも慣れてきて、どうにかダハブゲームが出来るくらい日本人を集めたところですが、明日、ここを出発してバラナシに向かうつもりです。

2年9ヶ月、旅をして初めて会ったライダー(一回だけバイクに乗らない自称ライダーの似非ライダーとは遭遇したことありますが。)とダハブゲームに徹夜で興じて迎えた昨日の朝、地図を見ながら一緒にバナラシで正月を迎えようと説得されて、南下する予定を変更して、バナラシに向かうことにしました。

ただ、バナラシまで、900kmそして明日は19日。毎日走って10日くらい。

最近は日が短くて、しかも、なぜかアベレージがあがらず、気合を入れないと90km進むのも難しいのですが、これから10日、死に物狂いで気合を入れて正月までにバナラシにつくように走る予定です。ま、自転車、最後はヒッチハイクって手もあるんですけどね。

そのライダーさんもアフリカを抜けてきた人で、いろいろ話が合ったのですが、インドはエコロジーで、衛生的だという結果にたどり着きました。

まず、ごみ箱。町じゅうにごみ箱が設置してあって、アフリカやパキスタンでは一度ごみの出るものを買ってしまうと、それをもって、1時間も2時間も歩き回って、ぜんぜん捨てられずに困っていたのですが、インドではごみを捨てるのに困りません。地元の人がどのくらいごみ箱を利用しているのかは疑問ですが、道路や地面に落ちているごみの量も圧倒的に少なく、街がきれいです。

しかも屋台のお皿。小さなお皿にのせて、ポテトフライとか、パイナップルの切身とか売っているんですが、このお皿が、なんと葉っぱ製。葉っぱを使って、お皿の形にプレスしたような器を使って売るため、もしこれを道端に捨てても落ち葉が道に落ちたのと結果的には一緒。なんてエコロジーなんだと驚くばかりです。
 
そして、ちょっと汚い話ですが、旅をはじめて、大概ゆるくなってるんですけど、インドにはいたとたん、便が固くなりました。はじめは硬すぎて出てこないくらいで、あんまりこのままだとびんぴになるなと思って、私は濃いコーヒーを飲むと下し儀に見なるので、わざと濃いコーヒーを作っては飲んで出すようにしていたくらいです。

これは、パキスタンを通ってきた他の旅行者も同じだったようで、その人の話ではお皿をちゃんと洗剤を使っていて衛生的だからじゃないかということでした。
 
そう、インドはとてつもなくエコロジーで衛生的な国です。葉っぱのお皿なんてはじめてみました。
 
これから、バラナシに向かいます。
バラナシには待望の素焼きのチャイグラスがあるようで、しかも新年にはインド全国からサドゥー(最近知った言葉です、勝手に思い込んで修行と称してずっと変なことをしている人のことを言うらしいです。一生右手を上げてなきゃいけないとか。)が集まってくるらしく、なんか凄く不思議な世界が広がっているのではないかと、妄想は広がるばかりです。

世にも奇妙な世界で、新年を迎えることができそうです。
それではみなさん。良いお年を。
by fuji_akiyuki | 2006-12-18 18:05 | インド1
<< ほの暗い水の底から@バラナシ(... 予定変更。正月はバラナシで。@... >>