人気ブログランキング |

つい・・・払ってしまいました@アクス(中国)

前回の日記。
いろいろコメントありがとうございました。
特にまじめに書いてくれた方、感謝しています。

今、アクスという小さな町にいます。といってもカシュガルより大きいんじゃないかと勘ぐっているんですが。とにかく冬も迫っているので、さっさと出る予定です。

と、言うことでコメントの返事まだかけてませんが必ず書くのでもう少し時間をください。これからも前回の日記に何かご意見くだされば必ず返事を書くのでいくらでも書き込みお待ちしています。


とにかく、今日はウイグル人の緑のおばさん?にしかられてしまいました。下校時間だったのがいけないんでしょう。ウイグル人だからスカーフで顔を隠してるのもいけなかったです。

2回わたるのが面倒でちょっと斜め横断しようとしたらいきなり笛を鳴らされてちゃんと歩道を歩けって言われてしまいました。

でもあんなの不意打ちです。笛をくわえてるのが見えたら注意したのに…


まあ、そんなことはともあれ。

昨日アクスという町に到着しました。カシュガルを出て5日間、風呂なし、シャワーなしで、ようやく大きな町です。

 「やった、シャワーを浴びれる。」

と思ったのですが、そこは安宿、お湯なんて出てきません。
というわけで、銭湯を探すことになるわけです。

しかし、中国にある銭湯のようなところは大概いかがわしいお店です。

そこで、銭湯を電子辞書で調べました。
「藻堂」というそうです。
そういえば郊外でそんな字も見かけたなぁとおもいつつ。

とにかくそれをメモして、宿のレセプションにいつも陣取ってるおばちゃんに聞いてみました。きっとこの宿に泊まる人はみんな銭湯を必要として、何度も聞かれてると思ったからです。

そこで教えてくれたのが目の前の「洗浴中心」

確かに風呂屋のようだけど・・・
看板は赤で、ボンボリも2つついています。でも中国、別に赤はいくらでも使ってるし。

恐る恐る近づいてみます。


入り口は寂れていて、いかがわしいような雰囲気はないような・・・

って、さらに近づくと、誰もいないし、ほとんど廃墟じゃん。





おや。なんかしたに下る階段が・・・


ここは勇気を出して。

階段を下りるとなんか豪華なホテルのレセプションみたい。
でもそんなにいかがわしいような感じもなく。結構きれい。
でも普通の風呂屋ではない。


あれ!?

で、聞いてみると

「150元」

ああ、きた。やっぱりそうか。
でもここで引き返しても風呂にはありつけない。
何でもいいや。とりあえず風呂だけ入らせてもらえれば

と思って、その旨をどうにか伝えると。

「20元」


・・・高い・・・


でも、その異様な雰囲気に飲まれてか、怖いもの見たさか、
しかもここで逃げてもどこに行っても
値段の違いはあれ多分同じ。
なぜか交渉する気もうせて、しかもほかでも同じような
ことになるような気がとてつもなくして。

負けてしまいました。

ついつい、20元も払ってしまいました。


部屋は、って、いきなり部屋に通されてびっくり。

何で部屋?

ベッドと無意味にでかくてなんだか
かなりすわり心地のよさそうなソファー。
そして、照明はピンク。

怪しい雰囲気満々の部屋です。


そして部屋の奥にお目当てのシャワーと・・・トイレ。

まあ、お湯は出るし、湯船もあるからためてやろうと思ったけど。
湯船があんまり大きすぎてぜんぜんお湯がたまらないので
それはあきらめました。

シャンプーもボディソープもあったので遠慮なく使わせてもらったのですが、なぜかボディソープはアーモンドみたいな甘ったるいにおいがぷんぷんするので気分が悪くなりました。

シャンプーは2回使って、今ではサラサラになりました。


湯上りに気がついたのですが、ベッドの上には上に向けたコの字型の鉄パイプが2本取り付けてありました。平行棒とかできそうな感じです。
いったいあれをどう使うのでしょう?

今の部屋にあったら洗濯物を干すのにいいな。と思ったのですが。


変な汗もかきつつ。とりあえず、5日ぶりにシャワーを浴びることができました。

でもこれから安宿に泊まったらどこに風呂に行くかが問題になりそうです。
by fuji_akiyuki | 2007-11-15 22:11 | 中国2
<< コルラ@コルラ(中国) 神さま@カシュガル(中国) >>